Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ラーメン雅 1 

ラーメン 雅



前店をあとにしてコチラに伺うも想像以上の店外に伸びる行列・・・。

非常に後ろ髪引かれる思いではありましたが、早々に諦めて次なる候補地へ。
駐車場にも余裕があったため迷わずスムース・インでございます。
雅1
店内も比較的空いており、3組ほどの先客がありましたが後客もぼちぼちと訪れ始めた感じ。。。
ご主人を筆頭に活気のある店内は少々雑多な雰囲気もありますが、庶民派には好まれそうな居心地の良い
空間ともいえそうです。^^



おしながき①:                 おしながき②:
雅2雅3
メニウ構成は比較的シンプルといったところでしょうか。
『3個餃子』が用意されているところが個人的には非常にありがたいです。^^




塩ラーメン ¥600
雅4
透明感のあるスープにみず菜の緑が鮮やかに映えるビジュアルにて登場でございます。



    スープ:
    雅5
淡~くガラが香るスープは、生姜のキレも感じさせるスッキリした味わい。
胡麻油の香ばしさも塩ダレには良く似合いますね。
これといって突出した旨味こそありませんが、普段使いとしてはむしろこのくらいが丁度良いように思います。



麺:
雅9雅8
青竹打ちの不揃い麺は、手揉みによる緩やかな縮れも確認でき、スープの持ち上げも良好。
モッチリとした食感に活き活きとしたコシも持ち合わせて「うどんライク」な様相。。。これ結構好きカモ



    チャーシュー:
    雅6
バラ肉のチャーシューはやや薄手ながら、しっとりとした赤身と脂身の甘みのハーモニーがスバラシイwww
ヲニク好きな方には是非ともマシていただくことをオヌヌメいたします。



    めんま:
    雅7
かなり細めに裂かれためんまは一見存在感が薄いようにみえてもコリコリな食感が箸休めとして
申し分はございません。




    雅10
    なるてぃんぐ~(パクリッ!

    具材は他に水菜、薬味ネギも多めに配されております。^^


これまでは目と鼻の先にあった “ポンイチ” の存在の大きさになかなか訪問に至らなかったコチラですが

今後は何の抵抗感もなく伺えますね。^^

「今頃かよっ!?」ってツッコミは無しでおながいします^^;

ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category: ◆桐生・みどり市

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

中華そば・もりそば 順風 1 

中華そば・もりそば 順風店舗H.P



気付けば1年以上ご無沙汰しておりましたので、ひさびさに伺ってみることにしましたよ~ m(_ _;)m

順風7
開店とほぼ同時に入店いたしますと、先客様1組に後続もぼちぼちといったまずまずの滑り出しかと思いきや、
ものの10分ほどの間に店内待ちまで発生!! さすがは地域屈指の人気店ですねー。
 


支那そば ¥700
順風2
見るからに上品そうなルックスは、オサレな内装にも絶妙にマッチ!!
どうやら、極太めんまは何時からかは存じませんが穂先に変更となったご様子で。。。^^



  スープ:
  順風3
豚と鶏からなるミクスチャーな出汁感は非常にふくよかで、幾分立ち気味な醤油ダレも優しく包み込まれている
ような印象。 焦がし葱の風味は出しゃばり過ぎず、脇役に徹した感じがいいですね。



  麺:
  順風6
低加水寄りのストレート細麺は、歯切れの良い食感が嗜好に嵌って(・∀・)
麺量も普通盛りで150gくらいはあるものと思われ、必要にして十分であると申し上げて差し支えは
ないでしょう。



  チャーシュー:
  順風4
バラ肉のストレート状のチャーシューは、表面に軽く炙りが入っております。
味付けは非常に控えめでトロホロな仕上がり。 大振りなサイズがうれしい限りですが、これだけの存在感
をもってしてもスープや麺を押しのけるような主張を見せないあたりは秀逸と言わざるを得ませんね。



  めんま:
  順風5
サクッとした歯応えが心地いい穂先めんまは控えめな味入れで、素材の旨味を活かした仕様でございます。



  卓上:
  順風1
白を基調としたオサレな店内は、デートにもピッタリwww
流れるB.G.Mはもちろん『THE BEATLES』でございます。



今回記事にするにあたって、幾つか参照させていただいた内容からするとどうやら少しづつ改良が加えられているようですね。 現状に甘んじることのない店主様でしょうから、今後の展開にも目が離せませんねwww

ごちそうさまでした。

category: ◆桐生・みどり市

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

らぁ麺 夢のや 1 

らぁ麺 夢のや店舗紹介WEB


目立つ看板に変わりましたよ〜

DSC_0020_convert_20121019181207.jpg
この日の業務を終え、帰路とは正反対の方向に車を走らせみどり市までやって来ましたw
入店してみますと、平日で天候も悪い所為もあってか先客、後客共になし。
店舗はお若そうな男性お二人により切り盛りされているようでして、新店らしく気持ちの良いご挨拶で迎えられ
カウンター席へ。。。


卓上:                     おしながき:
DSC_0003_convert_20121019180711.jpgDSC_0002_convert_20121019180643.jpg
シンプルこのうえないラインナップは潔さを感じさせますw


  らぁ麺 ¥580
  DSC_0005_convert_20121019180813.jpg
ほどなくして届いた1杯は誠にもってシンプルな出で立ちwww


    スープ:
    DSC_0016_convert_20121019181108.jpg
透明度の高い褐色スープは、心地よくガラが香り出汁感は調味料により上手く整えられおります。
看板では「佐野ラーメン」を強調しておりますが、カエシには地元が誇る岡直三郎商店の醤油を
使用しているとのことで、まろやかな味わいは所謂「佐野系」とは一線を画すオリジナリティが垣間見えます。


    麺:
    DSC_0013_convert_20121019181018.jpg
青竹手打ち麺は、凹凸のある面肌と縮れを伴った仕様。
製麺過程における熟成の加減が奏功してか、チュルチュルとすすり心地も良く熱によるダレも感じさせる
事なく最後まで美味しくいただけるあたりは中々の出来栄えではないでしょうかw


チャーシュー:                 めんま:
DSC_0007_convert_20121019180847.jpgDSC_0011_convert_20121019180950.jpg
チャーシューはバラ肉を使用したストレートタイプ。
出涸らし寸前まで煮込まれた食感はホロッと柔らかな仕上がりです。
いっぽう、めんまは調理の合間に細く手で裂かれて盛り付けがなされるいった拘り様が
スバラシ(・∀・)イィではありませんか!?



餃子(3ケ) ¥240
DSC_0009_convert_20121019180910.jpgDSC_0019_convert_20121019181135.jpg
肉厚な皮はモッチリとして、餡は野菜が多めでニラの風味が強めな好みのタイプ。
もちろん、肉汁もしっかりと出ておりまして気が付けば3つともタレを浸けずにいただいておりました。。。
  

      営業案内:
      DSC_0004_convert_20121019180741.jpg
     【営業時間】 11:00〜20:00
     【定休日】  毎週月曜日、第二火曜日
 

周辺は並みいる競合店ひしめく激戦区ではありますが、オペレーションならびにお味には新店らしからぬ

安定感が非常に感じられましたので、地域の認知度が上がるのも時間の問題でしょうかwww

また訪れてみたいお店ですよ。


ごちそうさまでした。

category: ◆桐生・みどり市

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

ラーメン いっき 1 

 ラーメン いっき

やや物足りない夕食に不満をおぼえたので。。。
盗んだバイクで走り出す♪~(噓だけど)
道すがらに目を横に向けるとコチラも営業中
大いに揺れる乙女心w ですが、泣く泣くヌルーして

 ラーメン(チャーシュー2枚のせ)\650
F1010453_convert_20101112083835.jpg
淡い白醤油の塩分濃度といい、極力抑えられた油により
インパクトに傾注した仕上がりとは対極に位置する繊細な味わいは
店主様のスキルの高さを窺わせるには十二分であります。
その技量の高さは、チャーシュウづくりにも発揮され、
しっかり目の肉質に素材の旨味を活かした出来映えは決して
突出したものではありませんが、深く静かに主張をするのであります。

              F1010456_convert_20101112083905.jpg
自家製といわれる麺も茹で加減もさることながら、チュルチュルとした
啜り心地もよろしくスープとの相性も上々。
メンマは薄味にして筍の風味豊かに、白髪ネギと糸唐辛子も丼に鮮やかに
華をそえますよ。

F1010452_convert_20101112083808.jpg
アルコール類も完備されておりますので、ゆったりとした店内で
おつまみを肴に一杯やるのもいいかも知れません。
やはり〆は。。。
だけど、カレーも絶品らしいのでそちらも気になります。

ごちそうさまでした。



category: ◆桐生・みどり市

CM: 2 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。