Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

みやご食堂 1 

みやご食堂



特に思い当たる理由もないのですが、なぜかコチラ方面には足が向かなかったと申しますか...

今更ながらお初なのでありますw m(_ _"m)ペコリ
みやご食堂1
お邪魔したのはシャッターに遅れること約30分。
カウンター席はございませんので、当然のごとく相席にて失礼させていただきます。
思いの外にこじんまりとした店内は既に8割がたの入り。 客層も幅広く、聞こえてくる会話から察するに
遠くからお見えの方もいらっしゃるようで、コチラの広い知名度が窺い知れますwww



おしながき①:                 おしながき②:
みやご食堂4みやご食堂3
メニウはご飯ものも充実して「ミニカレー」や「ミニ玉子丼」のセットも大変魅力的ではありますが、
このあと『愛する活動』が控えておりますので、次回以降の課題といたしますw



  中華そば ¥500
  みやご食堂7
およそ500円とは思えぬ立派なビジュアルに驚愕のあまり、撮影前に人面を完成させるのを忘れてしまいました。。。m(_ _)m



  スープ:
  みやご食堂8
飴色をしたスープに油浮きは控えめながらふんわりとガラの香りが漂い、ひと口啜ると後味にはほんのりと
魚介の旨味も感じられますね。
また、カエシの薄らとした甘みも穏やかな出汁感と絶妙にマッチして素朴さを感じさせつつも、チープに
みせないあたりはさすがです。



  麺:
  みやご食堂9
比較的均一で太めの角断面をした麺は若干の縮れを伴います。
見た目もそうですが、食感も東毛地区の手打ち麺とはまた毛色が異なりギュッと粉が凝縮したゴワ感すら
感じられる噛み応えが印象的。   結構好きかもwww



  チャーシュー:
  みやご食堂10
チャーシューはモモ肉を使用でしょうか。
独特のミシッとした食感が特徴的ですね。 出汁ガラ・チックな仕上がりは想定の範囲内でございます。



めんま:                    青菜:
みやご食堂11みやご食堂12
薄めな色のわりには確り目な味入れのめんま。 鷹の爪がまぶされてちょっとしたアクセントに。。。
青菜は歯応えのある食感と季節柄からして、かき菜でしょうか?・・・。
目玉に見立てた(?)なるともおいしくいただきましたよww



        卓上:
        みやご食堂5

スープの素朴さと麺の力強さのコントラストが地元近隣ではあまりみられないタイプで印象に残る1杯でした。
なによりワンコインという価格でこの出来栄えは引きも切らぬ来客がすべてを物語っているように感じたのでありました。


ごちそうさまでした。



  みやご食堂2
店頭にも2台分ほど車が停められますが、道路を挟んだ向かい側の離れたところに駐車場が完備されて
おりますのでお車でお越しの方にもアクセスし易いかと思われます。


スポンサーサイト

category: ◆高崎・藤岡・安中市

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 6 TB: 0   

麺屋 彩月 1 

麺屋 彩月



さて、前店をあとにして県道25号線を南下すること10数km。。。

普通なら県下きっての超優良店にお邪魔したいところではありますが、案の定行列を形成しておりますwww
さつき1
そんなことは予め想定済みですので、当初の目的通りコチラへ。。。
ご近所の喧噪をよそに先客は3組、4名様ですが後続もちらほらございますw



おしながき:                  卓上:
さつき2さつき8
店内はお若そうな男性2人による切り盛り。 お店の造りも清潔感があって女性受けも良さそうな雰囲気ですw

最近、『全粒粉めん』も追加になったそうですので相性を考慮して「和風醤油」でお願いしてみましたwww



和風醤油らーめん(全粒粉めん) ¥650
さつき3
およそ6、7分で届いた1杯は、丼中央に具材が配されたシンプルこのうえない出で立ちでございます。



  スープ:
  さつき4
表層に焦がし葱と少量の油浮き。 蓮華で掬って啜りますと穏やかな動物系の旨味と魚介系の旨味が高次元で
バランスを保ちながら同居www
想像していた以上に(・∀・)イィじゃありませんか!!



  麺:
  さつき6
見た目のさることながら、幾分ザラつきを感じる啜り心地と風味はまさしく全粒粉ならでは。
『和風醤油』との相性は抜群であることには相違ございませんが、他の組み合わせでもそう悪いものでは
ないかと。。。(個人的見解w)



  チャーシュー:
  さつき5
大判のチャーシューはロース肉を使用しているものと思われ、しっとりとした食感と肉々しさを残した
旨味は十分以上でございます。



  めんま:
  さつき7
やや味付けが濃い目な設定ではありますが、素材の旨味と食感に重きを置いたその仕上がりはクオリティ高しw




          さつき9

絶大な人気を誇るご近所さんの存在に、勝手にも分の悪さを想像しておりましたが中々侮れませんね〜

コチラ・オンリーな方やそうでない方にも是非ともオヌヌメしたいお店でございますwww


ごちそうさまでした。

category: ◆高崎・藤岡・安中市

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   

らあめん 清華 1 

らあめん 清華(閉店)

郊外の丘陵地にひっそりと佇むコチラw
通りに面した立地ではありますが、お店の近辺はやや見通しが良くない所為か一旦通り過ぎてしまいましたww
DSC_0023_convert_20120513162939.jpg
プレハブ造りの店舗は看板や外装などD.I.Y感溢れる微笑ましい雰囲気w
ぱっと見喫茶店に見えなくもないですが、入口上部に掲げられた看板が唯一ラーメン屋さんであることを窺わせます。


店内もまた然りで、ミニマムな空間に工夫を凝らして10名ほどが座れるようにカウンターが設置されております。
  DSC_0016_convert_20120513162653.jpg
店舗奥は半分ほどが厨房として機能し、店主様は先客様分のオペの最中です。
セルフで給水機で水を汲んでカウンターに腰掛けておりますと、店主様はオペの合間を縫って、
コチラにお声掛けくださいましたので下記を注文です。

  
  タンメン(太麺) ¥750
  DSC_0018_convert_20120513162749.jpg
ほどなくして届きました1杯は、白濁スープに色とりどりの野菜が盛られたオーソドックスなスタイルw
丼からは芳ばしい胡麻油の香りが漂って来ますよ~♪

  DSC_0017_convert_20120513162721.jpg




スープ:
DSC_0019_convert_20120513162816.jpg
スープはガラが主体と思われますが、出汁感としては淡めな印象。
炒め野菜由来の塩気や胡椒の刺激は控えめな為、非常にあっさりとした口当たりでありながらも不思議と
物足りなさを感じさせない仕上がりです。


麺:
DSC_0021_convert_20120513162851.jpg
麺は店主様の出自をご存知の方ならピンとくる、7、8mm幅の比較的均等で強めに縮れた平打ち麺。
コシのあるプリッとした啜り感やモチモチした歯ごたえは、製麺時における熟成が感じられ形状や食感は
清華軒のそれよりは、以前にいただいた麺屋 八 ha-chiでの1杯に近い印象を受けました。


ヤサイ:
DSC_0022_convert_20120513162916.jpg
そして丼を彩る具材は、キャベツ・ニンジン・玉葱・モヤシ・白菜・ピーマン・丸木耳・豚コマ
とタンメンではお馴染みの布陣ww
先述のとおり、塩・胡椒の味付けは最小限に留められいるので素材の旨みがよりいっそう伝わってまいりますw


おしながき:               卓上:
DSC_0013_convert_20120513162519.jpg DSC_0015_convert_20120513162626.jpg
充実のラインナップは由緒正しき系譜の証w
 個人的には「カレーラーメン」が非常に惹かれます。。。


営業案内:
DSC_0014_convert_20120513162600.jpg


市内の名店清華軒の二代目が経営されるコチラですが、場所柄ゆえか認知度はもうひとつなようですが、
隠れ家的な要素は十二分に備えておりますので、ラヲタのハートをガッチリ掴むこと請け合いでございますよ~

ごちそうさまでした。

category: ◆高崎・藤岡・安中市

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

麺屋 八 ha-chi 1 

麺屋 八 ha-chi

少し前にコチラの存在を知り、意気揚々と伺いましたところ止ん事無き理由により
ご賞味に預かることが叶いませんで、密かに心配しておりましたが。。。
無事に再開されたとの情報をいただきまして、3度目の正直ww(笑)
 DSC_0024_convert_20111127180433.jpg
ちなみにコチラ。店主さんは、このほどお亡くなりになられた清華軒の御大のお孫さんに
当たるんだそうです。

塩ラーメン ¥650(麺:太打)
DSC_0028_convert_20111127180708.jpg
薄っすらと白濁したスープは鶏がらを主体にしたものと思われ、ほのかに豚さんの存在も感じられます。
塩ダレの塩梅もほどよく、例えれるなら「タンメン」にも合いそうな印象を持たせる懐かしさを感じる仕上がりとでも言えばお解かりいただけるでしょうか?

麺:
DSC_0031_convert_20111127180754.jpg
以前にいただいた親店姉妹店と比較いたしますと、幅広な形状こそ似ておりますが強めに入れられた縮れが特徴的。
いっぽう、食感は所謂「東毛手打ち」と良く似て程よい熟成が感じられるモチ・プリ具合が
中々ウンマ(・∀・)イイ

チャーシュウ:       めんま:
DSC_0032_convert_20111127180823.jpg DSC_0033_convert_20111127180856.jpg
バラストレートのチャーシュウは、大判ではありませんが7、8mmの厚手なもの。
めんまはほんのりと八角が香り、やや甘めに味付け。食感はコリコリと小気味良いです。

どんぶり:
DSC_0034_convert_20111127180937.jpg

卓上:
DSC_0027_convert_20111127180600.jpg

【おしながき】
DSC_0025_convert_20111127180501.jpg DSC_0026_convert_20111127180533.jpg 
【正油】【塩】【みそ】の三本柱に加え、【正油】【塩】に至っては、こってりバージョンも存在するという豊富なラインナップは圧巻の一言。
総じて少々お高めな価格設定であるところは、玉に傷と言わざるを得ないでしょうか?
とはいえ、充実したセットメニューや単品メニューを取り揃えているあたりはファミリー層の集客も見込んでいるものと思われますので、いち早く周辺地域の認知度があがるといいですね。^^

ごちそうさまでした。


で、

食後はおフランスまでひとっ飛びwww

   


category: ◆高崎・藤岡・安中市

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   

一合舎 高崎店 1 

一合舎 高崎店

門出を祝う1杯としては、この上ない場所ではありましたが。。。

時間に余裕の無いアタクシに中待ち発生中はいささかリスキーなのでした。

よって、















  なわけだが。
    
    DSC_0013_convert_20111121210917.jpg
選択肢としてはアチラでの「塩そば」も想定されましたが、
時間に追われていたプレッシャーからでしょうか?
行き先のルートが全くイメージできなかったこともコチラに落ち着いた理由だったりして。。。

塩豚骨らーめん(並) ¥700
DSC_0017_convert_20111121211122.jpg
白を基調としたオサレな店内にふさわしく、提供されましたこの一杯もオサレに見えてしまいます。

スープ:           麺:
DSC_0020_convert_20111121211311.jpg DSC_0021_convert_20111121211401.jpg
クリーミーな家系スープは鶏感強めなコクのある仕上がり。
以前にいただいた一杯が脳裏を過ぎりますよww
麺はエッヂの取れた中太ストレート。湯で加減は指定なしでも幾分硬めな仕上がりです。

チャーシュウ:       ホウレン草&鶉玉子:    めんま:
DSC_0018_convert_20111121211204.jpg DSC_0019_convert_20111121211245.jpg DSC_0023_convert_20111121211530.jpg
これといった特筆こそございませんが、どれもが質・量ともに良好なクォリティを見せておりました。

卓上:           【おしながき】:左側    :右側
DSC_0022_convert_20111121211452.jpg DSC_0015_convert_20111121211011.jpg DSC_0016_convert_20111121211053.jpg
単に「家系」メニウにとどまらないあたりも、コチラの魅力ともいえるのではないでしょうか?

お忙しい方には嬉しい「通し営業」
DSC_0014_convert_20111121210945.jpg
それはそうと、
車をどのように停めたらいいのか解らなかったのはアタシだけでしょうか?(爆)

ごちそうさまでした。




category: ◆高崎・藤岡・安中市

thread: おいしいお店  -  janre: グルメ

CM: 6 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。