FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

らぁめん廣 2 

らぁめん廣 スタッフblog


  【ランチ・メニウはじめたブ~!】

  DSC_0011_convert_20120511214913.jpg

ふむふむ、AランチとC...って、

Bランチはないんかいっ!?

で、例の如くメニウには表記されておりませんが、「もつ煮」はランチタイム以外での提供も
可能なようでして。。。「食べる??」

と薦められるがままに・・・
DSC_0004_convert_20120511214623.jpg
味付けは少し甘みのある、あっさり醤油味。
ニンジン、牛蒡、昆布も一緒に煮込まれて、とても柔らかwww
ご飯との相性を考えますと個人的には白味噌仕立てですと非常に嬉しゅうございます。。。


そして、「今日は中華だろ? フフッ・・・

と悪魔ようなの微笑みを浮かべながら誘導しようとするキカイダー テンスですが、

そこは加齢にヌル~wして。。。

ネギラーメン(塩・味薄め)¥800をオーダーw m(_ _)m

DSC_0005_convert_20120511214656.jpg
なんと、海苔が添えられるようになりましたよww
お客様のご要望に対応したとのことですが、素直に認めようとしないところがまたお茶目だわw


スープ:
DSC_0006_convert_20120511214727.jpg
一見したところ、謎の浮遊物体は皆無に等しく先日いただいたものよりも更に大人しくなった印象。
着丼後にアブラを注いいただいたことにより、喉越しに纏わりつくような豚感は紛れもなくポンイチ・テイスト
また、かつての牛寺シ農にはまだまだ程遠いながらも彼方に感じ取れるビター感も徐々にポンイチ時代に
戻りつつあることを実感させるのであります。
うっかり、麺を撮り忘れてしまいましたが、新しい麺茹で機に慣れたと見えて以前と変わらぬ食感での提供は
嬉しいかぎりでございます。


チャーシュウ:                  めんま
DSC_0008_convert_20120511214818.jpg DSC_0007_convert_20120511214752.jpg
チャーシュウは心なしか幾分小・・・(ry とはいえ、いつもどおり上々の出来栄えですので偶々なのでしょう(笑)
めんまはアノ方の1杯では胡椒が塗された仕様だったと思いますが、薄味のプレーンなタイプ。。。
まだまだ試行錯誤の段階なのでありましょうか・・・?
ちなみに、あえネギに湯煎は施されず調味ダレと混ぜるのみ。
良質な葱を使用しているのでしょうか、湯煎されていないにも拘らず辛味・エグミの類は全く無く
粗めに刻まれている為か、食感がとても心地好いですね。


メニウ追加w:                  画伯ww:
DSC_0003_convert_20120511214138.jpg DSC_0010_convert_20120511214849.jpg

たぶん気のせいだとは思いますが、約1年のブランクを経て節操のなさに更に磨きが掛かったような。。。

いずれにせよポンイチ・ファンといたしましては、この調子で牛寺シ農に着手してもらいたいものです。。。(笑)

ごちそうさまでした。


DSC_0001_convert_20120511214111.jpg




でもって、


またもや、太田に新店が。。。

1336870349618_convert_20120513162355.jpg 1336888728740_convert_20120513162446.jpg

R354は市内だけでも『らーめん・つけめん 満帆太田店』『石焼らーめん 火山』『みなみ』『らーめん専科 おかりな』『らーめん 三河開化亭』『東楊軒』『会津喜多方らーめん尾島店』『ラーメンショップ尾島店』
『手打ちラーメン 松よし』

などが軒を連ね、なにげにラーメン・街道だったりするんですよね。

どうやら、6月上旬開店予定とのことですので皆様乞うご期待www

category:  らぁめん 廣(旧ラーメン日本一)

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

らぁめん廣 1 

らぁめん廣 スタッフblog

          【Re:Born】

突然の火災による営業休止から、およそ1年の沈黙を破って待望のフカ~~ツ!

思い起こせば、休業前にいただいたのは別宅入りする前夜でしたから個人的には約1年半ぶりの実食。。。

DSC_0025_convert_20120506163052.jpg

なので、感慨も一入ですw
それはもう、「待ちわびましたよ~」


店内は既出の記事にもあるように、小上がりがテーブル席に変わった以外は厨房内も含めて“ポンイチ時代”
とほぼ同じレイアウト。
  DSC_0011_convert_20120506162048.jpg
そして、お若い男性店員さんを従えて「キカイダー」の異名をとるテンス様が調理する姿は相も変わらずで
一安心w



  おしながき:
  DSC_0010_convert_20120506161937.jpg
「替え玉」はオープン初日の途中から追加になりましたww
ちなみに、『とんこつ』系は以前と同様、「醤油」・「味噌」・「塩」で展開しているそうですよwww
書いてないけど。。。(笑)


  ラーメン ¥700(背脂少量入り)
  DSC_0013_convert_20120506162319.jpg
『背脂入り』をお願いしたところ、「少しでいいなら…」ということでほどなくして提供となったのが コチラw
丼右手に少量浮いているのが確認できます。
全容としては海苔・味玉が省略されている点が以前とは異なりますね。


スープ:                     背脂:
DSC_0020_convert_20120506162546.jpg DSC_0021_convert_20120506162813.jpg
さっそく豚クサ・レスなスープをひと啜りしてみますと、豚骨濃度は大人し目で結構な醤油ダレの味わいが先行した
チューニング。後になって知りましたが、どうやら初日は濃すぎた為調整を加えたんだとか。。。

個人的には初日の仕様でいただきたかったところですが、これはこれで“ポンイチの味”は紛れもなく健在であります。
だって、ほら。。。グソマなのにこんなに幕張メッセだものwww(笑)


麺:
DSC_0018_convert_20120506162513.jpg
一見以前と同じ麺のように見えますが、食感はわずかに硬めでポソッとしていたように感じたのは茹で加減
による違いが故でしょうか。。。


チャーシュウ:                  めんま:
DSC_0022_convert_20120506162912.jpg DSC_0017_convert_20120506162437.jpg
肩ロースを使用のチャーシュウは、味付けはやや濃い目ながらも肉質感の残った高品位な仕上がり。
めんまは近年の仕様を踏襲した甘めな味付けですが、個人的には以前の胡椒の風味が効いたバージョンを復活キボンヌw


卓上:                      店内禁煙だブーw:
DSC_0012_convert_20120506164338.jpg DSC_0023_convert_20120506162944.jpg
右側容器「赤いの」も常時配備でございますw





DSC_0024_convert_20120506163022.jpg

兎にも角にも、開店おめでとうございます!

今後のご発展を祈念しつつ、『ポンイチを愛する会』会員といたしましては、あの牛寺 シ農の復活を期待しておりますw


ごちそうさまでした。


category:  らぁめん 廣(旧ラーメン日本一)

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 6 TB: 0   

ラーメン日本一 5 

 ラーメン日本一

気が付けば、2ヶ月もご無沙汰していたよ。
(*_ _)ペコリw
F1010435_convert_20100819051800.jpg

塩チャーシューメン \850(バラチャ、アブラオオメ)、ライス小 \100
              F1010487_convert_20101123161801.jpg

相変わらず丸まったまんまの『牛寺 三農』の短冊に一抹の寂しさを
隠しきれない(ネ)。
そして、激しく「軽め」をオヌヌメするテンスww
F1010485_convert_20101123161652.jpg

しかも、「あと2、3日したら特濃やるよ。。。気が変わるかもしんないけど、フッ」
って。。。な訳で、本日のヌープは案の定「“微”クサウマ」でございます。

              F1010488_convert_20101123161834.jpg

プリッ・モチな麺はいつもながらにまいうw
バラ・チャーシュウはしっとり、柔らかで秀逸な出来映えながらも
幾分ショパーでした。
よって、こうなるわけだが

F1010491_convert_20101123161906.jpg

『活動ちう』

「アレ入れて喰わなきゃダメだよ。」と鋭いツッコミが入りましたので
素直に従い、赤いのは後乗せサクサクww
              F1010486_convert_20101123161726.jpg

それはそうと、メンマはいつの間に甘めな味つけに変わったんだ
ブラック・ペッパー風味が好きだったのに・・・





category:  らぁめん 廣(旧ラーメン日本一)

CM: 4 TB: 0   

ラーメン日本一 4  

 『月刊ポンイチ』8月号。。。

F1010435_convert_20100819051800.jpg

「えーつと、ネギチャーシューをミックスでww」と言い終わるか終わらないうちに...
マスター曰く、「味噌にキム・トロ入ると旨いんだよなぁ」とボソリ。
ってなわけで、キカイダー的カスタマイズ&フィーチャリング・ウィズ(ネ)















ミックスチャーシューメン(味噌) \850、キム・トロ \150
(アブラオオメらしい)

F1010438_convert_20100819051947.jpg

ちなみに、キムは白菜キムチ。トロはトロロであります。

ミックスチャーシュー発注の際は「高くなっちゃうよ。」
とのことでしたが、当初からミックス・チャーシューがいただきたかったので
初志貫徹でございます。


セルジオ・麺デスw m(_ _"m)ペコリ

F1010439_convert_20100819052024.jpg


左:肩チャ > やや硬め、味濃い目   右:バラチャ > 微妙な獣臭はあるももの、柔らか脂身甘くてウンマ~
F1010440_convert_20100819052054.jpg F1010441_convert_20100819052119.jpg

小振りには違いないのですが、デカイ蓮華に載せるとやけに小さく見えてしまいますね。

赤味をおびたスープは相当の辛さを想像させがちですが、さにあらず。
ほのかな酸味と甘みがコクのある味噌ダレと相まってマイルド寄りな味わいです。
ちなみに、トロロの効能は...













聞かないでください 再m(_ _"m)ペコリ

午前2時を過ぎた店内はすでに貸し切り状態w
小上がりに腰掛けるテンス様との会話をしばし楽しんで。。。

ごちそうさまでした。


お品書ww
F1010436_convert_20100819051831.jpg F1010437_convert_20100819051918.jpg

category:  らぁめん 廣(旧ラーメン日本一)

CM: 0 TB: 0   

ラーメン日本一 3  

『月刊ポンイチ』5月号、6月号
の発行がありませんでしたね。ペコリ 
では、心を入れ替えまして
まずは(に)的車窓から。。。



いちおう先月もちゃんといただいておりますよ。
ミックスチャーシュー\850(醤油)

この日の激しい雷と豪雨に『早仕舞い』も懸念いたしましたが
どうやら桐生方面は大したこともなかったらしく。。。
振られずに済みました

F1010377_convert_20100702235525.jpg
ネギラーメン\700(アブラ多め、ちょっと脂カス入り)

↓これね
F1010378_convert_20100702235604.jpg

かなり若いスープなのでしょうか、前回も非常にいただきやすいものでしたが
見た目からしてウルトラ・ライト級
できれば濃厚な奴でプルプル脂を堪能したかったw

F1010379_convert_20100702235640.jpg
いつものように後半は無料オプショナルなコイツを投入して

ごちそうさま。


















って言いたいところですが、なんか麺すくなくね

category:  らぁめん 廣(旧ラーメン日本一)

CM: 2 TB: 0