Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

煮干soba柘榴 4 

煮干soba 柘榴店舗blogtwitter



テンス様のblogを拝見いたしますと、なにやら今週の煮干soba柘榴はいつもの煮干しに豚骨を合わせるんだとか。。。

おまけに、この日の昼の部に逝かれた御人によればたいそうな二ボっぷりにいたく驚かれていたご様子w
それはそれは非常にソソられるわけだがwww 
ざくろ9
入店してみると、先客は2組。 中待ち発生までには至りませんが、後続もちらほらございまして店休日明け
の滑り出しも良好とお見受けいたします。



      【豚骨煮干soba】メニウ:
      柘榴1
blogにもあった通り、スープ作り都合上「中華そば」のみの提供となるようで下記の注釈よるとどうやら
(小)は生醤油不使用とのこと。  気付いたのは注文した後だけどwww(笑)



特製豚骨煮干soba(小)¥840
柘榴2
先客様分の提供も済んでおりませんでしたので、少々時間を要しまして着丼でございます♪
チャーシュー2枚、海苔、味玉が配されるのはいつもの【特製】に準じた構成ですが、豚骨ver.においては
貝割れが、岩海苔に置き換えられておりますね。



  スープ:
  柘榴4
シャバ系の白濁スープはまさしくライト豚骨!!


      駄菓子菓~子!


入店当初から店内に漂う煮干しフレーバーが物語るように、“芳醇”を通り越して“ドにぼ”とさえ思わせる
煮干しの抽出感www
もちろん、コチラのテンス様の手に掛かれば気になる苦味や臭みは皆無。
メニウにも表記されていたように(大)では「生醤油」が使用されるようですが、より煮干し感を
堪能したい向きには薄口醤油を使用と思しき(小)の方がオヌヌメかもね♪



  麺:
  柘榴7
麺はいつものストレート細麺。
もはや細かい説明など必要のないくらいに抜群のスープとの相性を呈して
非常に(・∀・)(・∀・)(・∀・)イィ


  チャーシュー:
  柘榴5
バラ・ロールのチャーシューは厚手のものが2枚。
箸で掴むのも困難なほどにホロホロな仕上がりは、切り分けるのにも一苦労したことが容易に想像できるもの。



  岩海苔:
  柘榴6
豚骨ver.では貝割れから岩海苔へと置き換えられております。
貝割れほどの個性はみられないものの、あくまで許容範囲内で幾らかの磯臭さが感じられました。



  味玉:
  柘榴8
トロ~リと流れ出す仕様の黄身。 
崩れんばかりに柔らかな白身ともども、いつもながら秀逸な出来栄えでございます。




    よって、



    柘榴9
    うんまいの証なわけだがwww


ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category:  煮干soba 柘榴

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   

煮干soba 柘榴 3 

煮干soba 柘榴店舗blogtwitter


お昼の揚げ物を控えるようになってはや3週間のボクですw

というわけで、そんな自分にご褒美とばかりに帰宅前のおやつでございますwww

ちなみに、訪れるのは実に1年ぶりなのであります。。。^^;

ざくろ9
店舗内外ともに控えめな照明は、この時季の夕刻に伺うと隠れ家的雰囲気を醸し出し、流れるjazzのBGMが
オサレ度もいっそうマシマシwww

そしていつもながらに、非常に丁寧なオペを経ることしばし。。。^^



  煮干soba(小)¥680、味玉 ¥70
  ざくろ2
シンプルな出で立ちながら、ウンマゲ~な1杯www



  スープ:
  ざくろ6
丼から漂う香りは紛れもなく「煮干し」が主役であることを物語ります。
煮干し特有のエグミなどが余すところなく引き出された所謂『ド煮干し』とまた趣が異なりますが
丁寧に抽出されたと容易に想像できる旨味はかなり(・∀・)イィ



  麺:
  ざくろ5
細ストレート麺は低めな加水率によるボソ感と歯切れの良さを両立し、スープとの相性は申し分なし!!



  チャーシュー:
  ざくろ3
バラ肉を巻いたチャーシューは非常に柔らかく、味付けも最小限に留められているものと思われ
スープのお邪魔をいたしませんw



味玉:
ざくろ7ざくろ8
          黄身はゼリー状・・・と見せかけて、トロ〜リ溢れ出すタイプw


いやぁ~、コチラは何時いただいても安定感がありますねwww

ス−プまで綺麗に平らげたのは申すまでもございませんw

遠くからお越しになる方にも是非オヌヌメしたい1杯です。

ごちそうさまでした。




          年末年始の営業情報とか:
          ざくろ1

          今年もやってくれますねwww
 

          乞うご期待!!



category:  煮干soba 柘榴

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 6 TB: 0   

煮干soba 柘榴 2 

煮干soba 柘榴

コチラもほぼ1年振りのご無沙汰でした。^^;

DSC_0001_convert_20111208201619.jpg
「鶏塩」狙いだったのは、内緒にしておいてください。

DSC_0002_convert_20111208201841.jpg
あとで調べてみたら、「鶏塩」は半年程前にメニウから消えていたようです。
他にも、「カレーつけそば」が加わるなど若干の変更がみられます。

、ということで。

煮干soba(醤油)¥680
DSC_0005_convert_20111208202002.jpg

               DSC_0006_convert_20111208202110.jpg
 蓮華でスープを掬うやいなや、鼻腔を通り抜ける煮干しの香りが濃度の高さを物語り
口に含めば、醤油・鶏の旨み・煮干しそれぞれの素材感がくっきりとしそれでいて
非常にバランスのとれた仕上がりとなっているところが、 かなり(・∇・)イイ
粉に頼らない煮干し感は仕事の丁寧さを窺がわせ、好印象を更に押し上げたりなんかしちゃいますww
 麺も仕様変更があったのでしょうか。
以前と比べ、さらに極細になっているようでその「硬め」な湯で加減は
明らかに当りのスープに合わない筈もなく、具材なんか完全に視界から外れてしまうのです。

当然、並盛りにしたことを後悔したのはいうまでもなく。。。








「つけそば」にしようか、それとも「まぜそば」にしようか迷い。。。







未食の品ということで。。。

DSC_0003_convert_20111208201909.jpg

おかわり君は、

濃厚辛まぜそば ¥740
DSC_0008_convert_20111208202317.jpg
具は、バラ・巻きチャーシュウ、貝割れ、刻み葱、とろけるチーズ、糸唐辛子、
辛い粉(その量からして、いろいろなものが混ざっているような感じです)、
ちなみにニンニクは目視にて確認はできませんでした。

               DSC_0009_convert_20111208202358.jpg
思いの外に黒胡椒が効いて辛味との相乗効果がある分、煮干しの風味がマスクされ気味な点は
致し方なしですかね。。。

マゼマゼするとこんな感じ。
DSC_0010_convert_20111208202422.jpg
メニウには「極太麺」と表記された麺は一般的には、中太クラスといったところでしょうか。
「ジャンク」に分類されそうな一杯ですが、位置づけとしてはかなりお上品な方だと思います。

おかげで、身体もHOTになってお腹も大満足です。

自分自身の嗜好の変化も影響しているかもしれませんが、「煮干soba」については以前よりも確実に
美味しくなっていると思いました。
今後、さらに訪問機会が増えることでしょう。

ごちそうさまでした。


      ポ〇イ〇の復活が未だ実現しない今日この頃、山〇家、山〇う〇んとの2択に嘆くなか、
      朗報でございますw 

      DSC_0007_convert_20111208202155.jpg

      最新の情報はコチラで確認するとヨロシw


category:  煮干soba 柘榴

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 4 TB: 0   

煮干soba 柘榴 1 

 出張先でのお楽しみも侭ならなかったので、
 凱旋ラーはひさびさにコチラw

煮干soba 柘榴

 

 肉煮干しそば ¥750
 F1010451_convert_20101026215116.jpg
 店内中に煮干しが香りますよ~。
10minアンダーにてご対麺は(ネ)的史上初! 
鶏白湯スープ 3:煮干スープ 7 となっているようですが、鶏白湯はあくまで屋台骨的役割に徹し、
煮干しの芳醇な主張とともに鰹節のアシストがテクニ~ク~スゥー ♪w

F1010454_convert_20101026215309.jpg F1010455_convert_20101026215338.jpg
 POWERD by 丸山製麺の低加水極細麺は粉の風味漂い、啜ればボソ。
噛めばプツッ! 120gの麺量とは思えない存在感を発揮しております(言い過ぎかっ?)
また、「スープを堪能あそばせw」といわんばかりにチャーシュウへの味付けはなされていないご様子がスープに対するこだわりを感じさせます。

F1010450_convert_20101026215048.jpg
『鶏塩soba ¥680』も非常に気になり、
「オカワリ君」も考えましたが、次回のお楽しみにとっておきます。
 
ごちそうさまでした。








category:  煮干soba 柘榴

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。