Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

手打ちらーめん 玄 3 

手打ちらーめん 玄



皆様、新年あけましておめでとうございます。

遅れ馳せながら、ようやく2013年の初ラーがいただける運びとなりましたのでコチラに伺ってみましたww

玄⑦
年明け最初の営業となるこの日、開店時間のおよそ5分前に到着しますと幸運にも並びは7、8名といったところ。
そして、列に並び掛けたところで開店と相成り、カウンター席を陣取ります。



手打ちゃーしゅー ¥680
玄①
調理台に用意された丼はたしか9杯分だったと思います。 
到着までには少々時間を要して、お待ちかねの1杯が到着www



  スープ:
  玄②
豚クサとまではいかないまでも、素材感を十二分にたたえた旨味と丸みとキレを併せ持った醤油ダレの
コンビネーションはピン子系の特徴を色濃く表現しておりますよ〜



  麺:
  玄③
9杯/ロットということもあって、心なしか柔らかめにも感じられましたがその分啜り心地の滑らかさが際立ち
また別の一面を垣間みた気がいたします。



チャーシュー:
玄④玄⑥
相変わらず柔らかでジューシーなチャーシューは並みいるピン子系の中にあっても高水準に位置する
出来映えでございますw



  めんま:
  玄⑤
従業員さんにより手裂きされためんまはコリッとした心地良い食感に、ほのかな八角の香りが絶妙のアクセント。


およそ9ヶ月ぶりにいただきましたが、やっぱり(・∀・)イィ

それを裏付けるかのように、退店する頃には店外まで行列を形成しておりましたwww

ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category:  手打ちらーめん 玄

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

手打ちらーめん 玄 2 

手打ちらーめん 玄

寄り道にしては、かなり遠回りですが。。。

DSC_0019_convert_20120404211609.jpgDSC_0017_convert_20120404211542.jpg

19時を少しまわった店内は先客3組6名様といった感じで意外に空いておりましたw


  手打ちゃーしゅー ¥680
  DSC_0004_convert_20120404210922.jpg

この日はお若い男女の店員さんを従えた3名態勢。いつものように整然とした連携プレイにより
4杯/ロットにてご提供でございますw


スープ:                   麺:
DSC_0006_convert_20120404210947.jpg DSC_0014_convert_20120404211313.jpg
初動は生姜の風味が立った豚感控えめな印象がいたしますが、食べ進むにしたがいチャーシュウの
旨味が滲み出てマイルドな味わいに。。。
モッチリした食感の手打ち麺は終始ハイクオリティを持続いたしますww

チャーシュウ:                めんま:
DSC_0009_convert_20120404211014.jpg DSC_0013_convert_20120404211227.jpg
どちらかというと、ちゃーしゅー < 叉焼
のほうがイメージとしてはしっくりくるでしょうか?
めんまはコリッとした心地いい歯応えとほんのり香る八角が「ピン子系」であることを
象徴いたします。





そして、

いちど食べてみたかった。。。


餃子(3個入り)¥300       辣油3種:
DSC_0011_convert_20120404211040.jpg DSC_0003_convert_20120404210858.jpg
サイズは出身店のそれを踏襲した大きめなもので、1個70gはあるんだとか。。。
まずは、タレにつけずにいただいてみました。

DSC_0015_convert_20120404211407.jpg
さほど厚手ではない皮に内包される餡は野菜と肉の比率にして6:4とバランスの良く
ニンニクが控えめになっている点はラーメンのお味を犯すことなくいただけるのが好印象www
また、かすかに感じ独特な香辛料の香りも『一品香』の系譜であることを物語っておりますよw
なお、2個目以降は「壱」の辣油を使用して食してみました。

卓上:
DSC_0002_convert_20120404210827.jpg




DSC_0016_convert_20120404211506.jpg

とうとう、餃子までいただいてしまったので次回以降は何を書いたらいいかわからなくなっちゃいますね~

まぁ、いっかw

ごちそうさまでした。

category:  手打ちらーめん 玄

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

手打ちらーめん 玄 1 

手打ちらーめん 玄

  仕事始めの帰りに寄り道など。。。
  ってか、プチ遠征 と言うほうが適切だったでしょうか?(爆)
  
  あぁ、やっててよかったwww

  というのも、ここ直近の訪問で臨休に見舞われることが度々ございましたので
  なにげにハードルが高かったりするのですよ。^^; 

  6割ほどの入りの店内は、テンス様を筆頭にバイト君/ちゃん(?)3名を従えての4名体勢。
  オペは先客様分の大盛りと同ロットにて、8分程を要しての提供でございます。



  手打ちゃーしゅー ¥680  
  DSC_0015_convert_20120104210540.jpg
  おぉっ! 芳しき豚フレーバーwww との喜びも束の間、どうやらチャーシュウ由来と思しき
  早とちりではありましたが、いずれにしても柔らかな口当たりとキレある味わいを兼ね備えた
  スープは(・∀・)イイ

  DSC_0017_convert_20120104205957.jpg
  結構長めな茹で時間にも思われましたが、ファーストタッチは幾分柔らかめな噛み応えすら
  あるものの、モッチリとした食感が健在なあたりは熟成加減に依るところ大なのでしょうか?

  DSC_0020_convert_20120104210140.jpg
  丼一杯に敷き詰められたヲニクは肉本来のジューシィーさよりは、どちらかというとスモーキー
  寄りな仕上がり。それでも美味いに変わりな(・∀・)イイ

  DSC_0019_convert_20120104210028.jpg
  めんまは八角が香るのがこの系統の特徴ともいえますが、トツグのお店
  イバラキ・ピン子系のお店のソレと比較いたしますと、幾分控えめでありますので
  その手の風味が苦手な方にもいただきやすい仕様と言えましょう。

  DSC_0021_convert_20120104210213.jpg

  あとちょっとだけ近いと個人的には非常に通い易くて都合がイイんですが。。。

  まぁ、彼のヒロミ・ゴーが唄うように、

  『逢えない~時間が~  愛~育てるのさ~♪』 などと自己完結ww

  アラフォー・ネタ...スマソ

  ごちそうさまでした。


 
  
  

category:  手打ちらーめん 玄

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 4 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。