Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

麺処 春の風 1 

麺処 春の風

流山で幸先好い1杯をいただき、この日生憎お仕事でご一緒出来なかったご近所さんを激励に。。。
久々に再会したしたその姿に、【謂れなき職質を受けた他、爆笑エピソード】による傷心は
既に癒えていたようで、なによりでしたwww m(_ _)m

さて、この界隈に訪れたとあっては決してハズせないお店がある訳で。。。

というわけで、コチラw

  DSC_0016_convert_20120401093750.jpg
初訪問以来、約2年ぶりに訪れましたが13時近い入店のタイミングで中待ちが5名様w
その後も来客は続き、もはやその知名度の高さは確実なもののようでございます。


メニウ紹介w:                券売機:
DSC_0013_convert_20120401093625.jpg DSC_0008_convert_20120401093340.jpg
初めての方にも解りやすいようにメニウが写真で紹介されていると、「券売機とにらめっこ」
なんてことからも解消されそうで、とても親切だと思いますww

  DSC_0011_convert_20120401093522.jpg
一戸建ての店舗は、天井が高く取られており比較的こじんまりとしているわりには
圧迫感を感じさせない造り。
さすがに、営業時間中の製麺作業を眺めることはなさそうですが、敢えて製麺室を見せる位置に
配置したり、カウンター内側に設置された丼回収用のサブ・カウンターなど店舗造りにも拘りを
感じさせます。
ちなみに、店内に流れるB.G.Mはオサレな音楽ではなく、NACK5(79.5FM)であるあたりは
このお店の敷居の高さを感じさせないようにとの店主様の心遣いかと推察いたしますwww(笑)


  塩らーめん ¥750
  DSCN0248_convert_20120401093820.jpg

非常に座り心地の好い椅子で丼の到着を待っておりますと、いよいよ我々の丼が運ばれてきましたよw


スープ:                   麺:
DSCN0255_convert_20120401094135.jpg DSCN0257_convert_20120401094242.jpg
鶏の旨みが見事なまでに抽出されいるのが見た目にも判ります。
後味に煮干や貝類を感じましたが、あくまで主役は鶏であることを感じさせる仕上がりは
まさに絶妙の域といえるのではないでしょうか?
麺は幾分硬め煮茹でられた、ストレート細麺。加水は中~低程度でパツッとした歯切れの良い
食感は個人的にも非常に好みw


チャーシュウ:        めんま:           花麩:
DSCN0251_convert_20120401094007.jpg DSCN0252_convert_20120401094036.jpg DSCN0253_convert_20120401094108.jpg
チャーシュウはバラ肉のストレート。脂身が多目だったのはご愛嬌ですが、良好な肉質と味入れも
あいまって、然程気にはなりません。
穂先めんまは控えめな味付けで素材の本来の旨みが引き立ちます。
そして、「花麩」は店名に相応しく丼に彩りを添えるのでした。。。



スープへの拘り:               卓上:
DSC_0010_convert_20120401093438.jpg DSC_0012_convert_20120401093600.jpg



  営業案内:
  DSC_0014_convert_20120401093653.jpg

大きい通りから一本入った道に面した立地に店舗を構えますが、アクセスは至って良好でございますw


  DSC_0015_convert_20120401093720.jpg


遠いけどまた食べたいお店の筆頭に挙げられる、そんなお店のひとつです。

ごちそうさまでした。



スポンサーサイト

category:  麺処 春の風

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 1 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。