Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ニューラーメンショップ ドモン 1 

ニューラーメンショップ ドモン店舗H.P


某有名サイト内では最大勢力との呼び声も高い(?)『ラーショを愛する会』から懇親会への
お誘いをいただきました。
なんでも都内でも催されるということで、寄り道しない手は当然ながらございません。
なおコワ~イしととご一緒させていただいておりますので、仰せのまま(嘘だけどw)に伺うは。。。

DSC_0013_convert_20120611222914.jpg

途中渋滞に阻まれシャッターに乗り遅れること約30分、先客様は8割がたと早くも賑わいを見せております。
店内はH.Pから受ける印象よりは若干こじんまりとしており、一般的ラーショと同等な規模といったところ。
ちなみに、店員さんのフォーメーションはH.Pに掲載されていた写真と同様でございます。


  ネギラーメン(小) ¥600
  DSC_0018_convert_20120611223153.jpg
やはり注文のほとんどが「定番」に集中するようで、大きめなボールには3,4名分のネギがまとめて
和えられるといった豪快さの一方で、スープを丼に注ぐ様は数回に分けられるというように繊細さも感じさせます。


  スープ:
  DSC_0019_convert_20120611223224.jpg
デフォルトで「ラーメンショップ尾島店」で言うところの“ちょっとコッテリ”レベルな背脂の量は
多くのラーショの中でも希少な部類でしょうか。また、新鮮さが故か空っぽの胃袋に収まってもダメージを
感じさせないのは非常に好印象ww
醤油ダレや化調がビシッと効いているあたりもいかにもラーショらしくていいですね。(笑)


  麺:
  DSC_0021_convert_20120611223325.jpg
茹でる直前に手揉みが施された麺は中程度の加水な中太麺。
4杯/ロットとはいえ、かなり長めな茹で時間にも思えましたが特に柔らかすぎる印象もなく
モチプリな食感はむしろ良好な茹で加減でした。


あえネギ&刻みチャーシュウ:
DSC_0020_convert_20120611223250.jpg
あえネギは巨大なボールにて調味料やら魔法の粉やらで豪快に和えられますが、湯煎レスなタイプのため
シャキシャキな歯ごたえと適度な辛味がアクセント。
ちなみに刻みチャーシュウは辛みそに和えられてネギと一緒に和えるのではなく
あと載せタイプでございます。
どうやらこの1杯のクドウマはあえネギ由来に因るところ大かな。。。^^;


丼の湯煎:                    卓上:
DSC_0016_convert_20120611223049.jpg DSC_0015_convert_20120611222950.jpg
  こういったところにも細かい心遣いが窺えますw



意外といっては失礼かもしれませんが、背脂チャッチャなお店にもかかわらず客層の幅広い年齢層には
正直驚きましたよw

でも、そういえばご近所にはこんなお店もありましたね~

それなら納得ですwww



ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category:  ニューラーメンショップ ドモン

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。