Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ラーメンショップ 122号騎西店 1 

ラーメンショップ 122号騎西店


派閥があったのか!? 【関東椿系】


というわけで、ひさびさのコチラw
記録をたどれば約3年ぶりの訪問でございますww

DSC_0001_convert_20120623205259.jpg
朝の8時を少しまわった店内は、先客様2名で厨房も材料の仕込みに勤しむ店員さん達の様相から
時間帯的にはアイドル・タイムいったところでしょうか。。。

店員さんに食券を手渡す際、「半ライスか煮玉子がサービスになりますが...?」と訊かれ
“煮玉子”をお願いして待つことしばし。。。


  ネギ塩ラーメン ¥750(麺硬め)、煮玉子(am10時までのモーニング・サービス)
  DSC_0003_convert_20120623205432.jpg
こんもりとあえネギが小山を築く山頂部にほぐし豚が後載せのスタイルw

っていうか、丼がいつもの水色のではなく見慣れない。。。

どうやらアチラのものと一緒なようですねww


スープ:                     麺:
DSC_0013_convert_20120623205944.jpg DSC_0007_convert_20120623205638.jpg
特に指定なしのスープでもそこそこに背脂が浮きますが、やや温めなそれはアイドル・タイムに差し掛かった
とあってか、軽めな豚感。 やはりコチラも早朝訪問がオヌヌメなのでしょうか?

◯あ謹製の麺は、「硬め」指定通りポソ・ネチ食感の丁度良い茹で加減w
アノ方からご指摘のあった、「細め」な印象は感じられませんでしたが、以前『安中店』でいただいた
◯あ麺もかなり細めだった記憶がございますので、何種類か存在するのかも知れませんね~


あえネギ:                    めんま:
DSC_0009_convert_20120623205717.jpg DSC_0012_convert_20120623205914.jpg
胡麻油や調味ダレで和えられたネギに湯煎は施されず、シャッキリとした食感が際立ちますが不思議と辛味が
感じられないのは、白身がメインとされているからでしょうか? ちなみに、ネギが詰められた箱には
【岩井市産】と描かれておりましたよ~。
めんまは、甘めな味付けに唐辛子のピリ辛がアクセントw


煮玉子:                     海苔:
DSC_0011_convert_20120623205843.jpg DSC_0010_convert_20120623205809.jpg
醤油味が染みわたった煮玉子は1個分が載って、朝10時までの嬉しいエクストラwww
「【ラーショを愛する会】の者ですw」とは自己申告しておりませんので、海苔が4枚入っていたのは偶々かと。。。(笑)



椿:               卓上:             テラス席:
DSC_0014_convert_20120623210011.jpgDSC_0002_convert_20120623205351.jpgDSC_0015_convert_20120623210042.jpg

自然の風に当たりながらラー食するのもまた乙なものかと。。。^^



ところで、

     【のぼるグループ】って、ナニ??
     DSC_0016_convert_20120623210119.jpg

ラーショの謎はますます深まるばかりですwww


ごちそうさまでした。


スポンサーサイト

category:  ラーメンショップ 122号騎西店

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 6 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。