Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

らーめん 田中家 3 

らーめん 田中家



梅雨入りもまだだと云うのに夏らしい日が続きますね。

どうやら今年も暑くなるらしいので、そろそろ身体を慣らしておきたいところ。。。
田中家1
そんな自主トレにうってつけな1杯をあんな方や、こんな方がすでにお召し上がりになられているようですので

負けじと追随してみました♪



        券売機:
        田中家11
        おっ! ある、ある・・・、



        理由なき「販売中止」で悲しまずに済んだわけだがwww



        田中家12




デビルメン(辛うま)¥800
  田中家2
  コワイ 激辛 コワイ m(_ _"m)スマソ



  スープ:
  田中家6
オレンジ色が挑発的なスープは半分ほどを麻婆餡が覆われております。

まずは、素のスープの部分をレンゲで掬って辛味にヤラれないよう慎重にグビリ。。。

ベースは既存の味噌を使用と思われ、マイルドさと甘みは控えめでここ東毛地区ではお馴染みな路線とは

一線を画した味わい。

序盤は唐辛子がメインで辛味の持続性は然程ないのでペース良く食べ進むことができましたが、

次第に麻婆餡が全体になじんでくると後半は花山椒由来と思われる強烈なシビレが牙を剥き、

「デビルメン」と呼ぶに相応しい凶暴さは時折箸の動きを停止させるほど。。。(((゜0゜;)))))




  麺:
  田中家8
硬めに茹でられた麺は、オーション配合のようなゴワつきとボソ感を有しやはりこの地域でいただける

ものとは指向が異なり、主張度の高いスープに対してもなかなかの個性を発揮いたします。



  麻婆豆腐:
  田中家5
提供時間の早さから、作り置きのものをトッピングしているようですが手抜かりは感じられずそのまま

いただいても十分に美味しいですが、相性でいえばご飯に適うものはないでしょう。。。^^



  炒め野菜:
  田中家7
調理時に中華鍋でサッとソテー炒められた野菜はモヤシ、キャベツ、ニラ、豚コマ。
 
物量もタプ~リとあって好CPに貢献しております。



  ライス ¥100
  田中家4
  親店同様にお値段不相応ともいえる盛りはうれしいかぎりでございます。



  まずは、麻婆丼www
  田中家9

  からの~♪



  田中家10
  お米の食い味も然ることながら、麺の良さが改めて認識できるひととき。。。^^


若干辛さの性質は異なるものの、アチラの辛いのにも匹敵するほどの破壊力を秘めておりました。

満腹中枢を刺激されたことも相俟って、危うく遭難するかと思いましたがなんとか完食。。。

などいいつつ、クセになりそうなこの1杯。  近々またいただきたくなる悪寒すらいたしますw


ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category:  らーめん 田中家

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 4 TB: 0   

らーめん 田中家 2 

らーめん 田中家



散髪の帰りにひさびさの訪問www

田中家1
近頃はすっかり認知度も上がってきたようでして、いつ通りがかってもご盛況なようでなによりでございます。
この日も平日ながら、7割がたの客入りでした。^^


らーめん(味:うすめ、アブラ:ふつう、麺:ふつう)¥650、
味玉(サービス券使用)

田中家4


と、

  おつまみミニキャベチャー ¥100
  田中家3
タレと胡麻油で和えられ、刻みチャーシューがトッピングされた正にルービーのアテには持って来いな一品w
飲まないけどwww
ちなみに、「ミニ」じゃない200円バージョンもラインナップされておりますので、お好みでドゾwww



  スープ:
  田中家5
程よく乳化したスープは「味うすめ」にしたお陰で豚骨と鶏の素材感が際立ちますねww
親店なみの安定感を感じさせますよ〜。



  麺:
  田中家9
モッチリ感と独特の粘りが同居した食感は非常に好みのタイプw
思わずライヌが欲しくなりますが、グッと堪えて我慢汁www



  チャーシュー:
  田中家6
大判のチャーシューは好CPの立役者的存在www
チャーシュー背後の・・・、市内の老舗家系にはない「ホウレン草」がトッピングされるのは嬉しい限り(笑)



  味玉:
  田中家7
プレーンに近い非常に控えめな味入れです。

なお、写真を撮り忘れましたが『別注』のキャベチャーは早々にらーめんの丼へin。
すかさず天地返しすることでキャベツは適度にシンナリしていただきやすくなりますが、どうしても
スープの温度低下は免れませんので各々自己責任でドゾwww



      卓上:
      田中家2


キャベチャー・インによる温度低下を気にされる向きには、投入量の調整にて回避という選択肢もとれるのが
コチラのメリットかも知れませんねw
これにライヌもあれば、それはもう“至福の一時”ってかwww

ごちそうさまでした。

category:  らーめん 田中家

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

らーめん 田中家 1 

らーめん 田中家


工事着工当初よりその動向が大変気になっておりましたが。。。^^;

DSC_0021_convert_20120713212824.jpg

遅れ馳せながら、
開店1ヶ月後にしてようやくお邪魔することができましたよww m(_ _)m



親店でもお馴染みのコチラもラインナップされております!
     DSC_0008_convert_20120713214613.jpg

ヌルーしたけどw(笑)


  らーめん ¥650(麺/味:ふつう、アブラ:多め)
  DSC_0010_convert_20120713212229.jpg
この日は平日ともあって、先客5名に後客2名と客足も疎らなようですが店員さんの対応は活気があって
非常に頼もしいですね。
やがて待つこと5分程で届きました1杯は。。。クリソツです!!



スープ:                    麺:
DSC_0013_convert_20120713212342.jpgDSC_0016_convert_20120713212420.jpg
アブラ多めのオーダー通り、序盤は鶏油が大活躍w 素スープの乳化度も上々でして豚感も親店のそれに
引けを取りませんよ〜。 いかんせん、カエシの主張は家系らしくキリリとしていることもあって
マイナーチェンジ後のアタクシには、いささか負担が大きめがいったところでしょうか。再m(_ _)m

麺はモチっというよりはネチっとした歯応えが特徴の丸山製麺製w 個人的にはド・ストライクな食感ですwww


チャーシュウ:                 ホウレン草:
DSC_0018_convert_20120713212626.jpgDSC_0017_convert_20120713212451.jpg
ロースを使用したチャーシュウはヤワヤワ且つホロッとした仕上がり。
ホウレン草の存在も家系には欠くことのできない具材のひとつであります。


     わけあり味玉 ¥30
     DSC_0012_convert_20120713212310.jpg
見た目が “わけあり” なだけで、お味にはなんら問題はございませんので逝かなきゃ損でしょww


アフター・ケア:                卓上:
DSC_0019_convert_20120713212657.jpgDSC_0007_convert_20120713212200.jpg



      DSC_0020_convert_20120713212726.jpg

少々スープを残して、ごちそうさまでした。

  

      DSC_0022_convert_20120713212852.jpg

      『つけめん』も推しているようですね。ご興味のある方は是非www


category:  らーめん 田中家

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。