Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

雄鶏 ROOSTER 2 

ラーメン 雄鶏 ROOSTERblog


往年の名車達で目の保養をしておりましたら、なんだかお腹が空いてきました。。。

ご近所の人気店にも非常に心惹かれる訳ですが、ちかごろ益々美味しくなったと評判のコチラを外すわけには

まいりませんw
DSCN0476_convert_20121105021737.jpg
開店して間もない店内には、既にご家族連れの4名様が丼の到着を待っておられます。
カウンターの端に陣取り、未食の「醤油」をお願いして非常に丁寧なオペに見入っておりますと
じきに到着でございます。


  醤油ラーメン ¥650
  DSCN0478_convert_20121104225044.jpg
シンプルで派手さこそないビジュアルでも、食べる前から美味(・∀・)イィ


  スープ:
  DSCN0480_convert_20121104225151.jpg
鶏油による厚みのある鶏感もさることながら、貝類などの魚介も好アシストを見せて以前いただいた時よりも
いっそう素材の輪郭がクッキリw これで無化調と云うんですから、素晴し(・∀・)イィ
また、まろやかな旨味はコチラに因るところもかと思われますw


  麺:
  DSCN0484_convert_20121104225416.jpg
自家製のストレート細麺は、やや中程度な加水率かと思われしなやかさとパツッとした歯切れの良さを
持ち合わせた非常に好みな仕様。


  チャーシュー:
  DSCN0482_convert_20121104225258.jpg
豚バラ肉を使用したチャーシューはスープや麺を引き立てるが如く控えめな味付け。
僅かに肉質を残した食感がさりげなく存在感を主張いたします。


  めんま:
  DSCN0486_convert_20121104225545.jpg
穂先めんまもまた、全体のバランスを考慮した控えめな味入れ。


  DSCN0477_convert_20121104225000.jpg

どうやら、評判はホンモノだったようです。

あぁ、美味かったwww


てか、



  





  1351997837538.jpg
  こうなると判っていたら、2丁食いしてたわけだがw

  ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category:  雄鶏 ROOSTER

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 1 TB: 0   

雄鶏 ROOSTER 1 

  

雄鶏 ROOSTER blog

 住所  群馬県桐生市本町6丁目398 
 TEL  0277-47-6740
 営業時間  11:00~14:30/(17:30~23:00) *今のところ昼の営業のみです。
 定休日  水曜日
 駐車場  無(錦町1丁目交差点そばに有料駐車場有り)

地方都市の例に洩れず、桐生市の中心商店街もまた空洞化が著しく、目立つ空き店舗や
まばらな人通りを目にしますとやはり寂しいの一言に尽きます。
アタクシがハイティーン(死語?)の頃なんて、桐生といえば高崎や前橋に勝るとも劣らない
オサレな街の代名詞的存在だったんですけどねぇ。。。
そんな商店街に再び活気を甦らせんとすべく立ち上がった方のおひとりが兼ねてより念願であった
お店をオープンされたとのこと。

DSC_0012_convert_20120325165955.jpg DSC_0013_convert_20120325170025.jpg
白を基調とした店内は清潔感溢れ、お豆腐屋さんの面影をしのばせるタイル張りの壁面も一部残されていたりとレトロな要素も見受けられるなどオサレな雰囲気このうえなしw
今のところはラーメン店としての営業となるようですが、一定期間を経たのちにはラーメン以外の食事も楽しめるワインバーとしての夜間営業もお考えとのこと。。。


  塩ラーメン ¥650
  DSC_0015_convert_20120325170253.jpg
調理過程では、既出の記事にも触れられておりますように注文毎にチャーシュウやメンマを
親子鍋に入れて麺茹のお湯で温めるという気遣いがやはり特筆に価します。
そんな店主様の調理光景に見入っておりますと、ほどなくして待望の1杯が到着ですw



スープ:                   麺:
DSC_0016_convert_20120325170324.jpg DSC_0019_convert_20120325170455.jpg
非常に透き通ったスープには細かな油玉が無数に浮かびます。ひとくち啜りますと雑味のない
鶏の旨みがじんわりw 魚介の存在も感じられますが、あくまで鶏を活かすためのサポート役に
まわっている印象です。また、店頭の立て看板に書かれていた通り「化学調味料不使用」とあってか、飲みくちは終始穏やかで、最後まで飲み干せてしまいそうでしたよww
極細に近いストレート細麺は、厨房奥に備えられた製麺機による自家製。
滑らかな麺肌ながらもスープの持ち上げは良好です。さすがはご出身のお店の技が光る一品と
いったところでしょうか?


チャーシュウ:               めんま:
DSC_0017_convert_20120325170350.jpg DSC_0018_convert_20120325170420.jpg
チャーシュウは箸で持ち上げられないくらいに柔らかでしっとりとした食感。
穂先めんまは優しい歯応えで、素材本来の旨みに加えほんのりフルーティな風味付けが独特w

ほかにはみず菜、揚げ葱、粗みじんに刻まれた葱など。。。
いずれも丼を鮮やかに彩るだけではなく、スープへのほどよいアクセントと貢献しておりました。



     DSC_0021_convert_20120325170536.jpg



時間差で店内連食されたお方の「醤油」もなかなか美味しそうでしたのでまた伺いたいと思います。

またラーメン以外の料理も機会があれば是非ともいただいてみたいですね。

周囲を取り巻く状況はなかなか厳しいものがあるとは思いますが、

オープンをきっかけに益々の盛り上がりを期待いたします。

ごちそうさまでした。


category:  雄鶏 ROOSTER

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 4 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。