Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ラーメンショップ 堀切店 1 

ラーメンショップ 堀切店店舗H.P


皆様、こんにちは。
『ラーショを愛する会』群馬支部工作員のボクですw
本日は故あって東京方面へお出掛けでございます。 少々早めに自宅をあとにしたのは会員としてのお勤めを
果たす為。 なにやら最近「愛する活動」に義務化が疑われている方どよ〜んな方がおられるようですが
アタクシに限ってはそんなことは一切ございません(キリッ

ホームはご無沙汰してるけどwww


  DSC_0012_convert_20121020175846.jpg
コチラは都内の「椿系」でも数少ない早朝から(7:00〜)営業のお店。
奥行きのある店内は細長いL字型のカウンター席のみで、カウンター背面の壁には芸能人の色紙やジャンボラーメンに挑戦された方の写真などが飾られております。


おしながき(一部):       卓上①:            卓上②:
DSC_0002_convert_20121020175345.jpgDSC_0001_convert_20121020175312.jpgDSC_0003_convert_20121020175415.jpg
ラーメン系のメニウはH.Pを参照くださいませw
アルコールのお供も豊富なのは住宅街に面した立地を反映したものとも言えそうですね。
また、コチラはオリジナルの「たまりラー油」を販売するなどラーショらしい独自性も光ります。

というわけで、


  油そば ¥650
  DSC_0004_convert_20121020175446.jpg
先客の1名様と同ロットで作製された丼は、待つことおよそ6分ほどで提供となりました。
シンプルな見た目ですが、多めな刻みネギの緑色が映えますねw
なお、配膳時には卓上のボトルを指して「味が薄かったら、このタレを使ってください」と一言添えて下さいました。


麺:
DSC_0009_convert_20121020175656.jpgDSC_0010_convert_20121020175734.jpg
タレはお馴染みラーショのカエシにスープ上澄みのアブラが混ぜられた感じでしょうか。
丼がいつもの底の浅い平たいものなので、タレと麺が非常になじみ易いですね。
麺は◯あ製の中細麺ではなく、家系ライクな中太麺。 モッチリとした食感は「油そば」としても申し分なく
デフォでも是非試してみたい麺ですね。
ちなみに、中盤以降はラー油を絡めていただきましたが、胡麻の風味とほんのりとした辛味はさらに箸が
進むこと請け合い。 お好みで「たまりラー油」を投入するのもアリかと思いましたが、この後のことも考慮
して今回はノー・トライw


チャーシュー:         味玉:            めんま:
DSC_0005_convert_20121020175525.jpgDSC_0008_convert_20121020175625.jpgDSC_0006_convert_20121020175553.jpg
チャーシューはロース肉を使用した小振りなもの。
味玉は丁度いい味付けで、黄身はゼリー状です。 めんまは水煮と思しきものを小さめな寸胴で炒めながら
味付けが施されるといったひと手間が加えられておりました。
他には、刻みネギと大判な海苔が1枚付きます。


      駐車場のご案内:
      DSC_0011_convert_20121020175812.jpg
      2台分でも無いよりは(・∀・)イィ


他のラーショには恐らく例を見ないと思われる「油そば」に正直不安もありましたが、昨今流行りのジャンクな

「汁無し系」とは一線を画したオールド・スタイルな1杯は逆に新鮮さが感じられますなぁ。

このところの「ラーショ生活」に義務感を感じている諸兄には是非ともオヌヌメいたしますよwww(爆)


ごちそうさまでした。


  DSC_0013_convert_20121020175920.jpg
スポンサーサイト

category:  ラーメンショップ 堀切店

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 4 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。