Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

麺屋 ざくろ 1 

麺屋 ざくろ店舗blogtwitter



専ら『煮干soba 柘榴』業態での訪問が多かったこともあり、週末の訪問は実にひさびさであります。^^;

ざくろ10
というわけで、各方面からの評判もよろしい「和風魚介中華そば」に岡直三郎商店の生醤油が使用される
とのことで、遅ればせながら期待に股間を膨らませていただきに参った次第でございます♪

昼の部の開店後間もないタイミングで入店いたしますと、先客は2名様のみでしたが注文の品が届く頃には
店内待ちが発生する程。。。
しかも、思いの外に客層も幅広く逆にヲタなんぞ肩身が狭かったりなんかして・・・(爆)




おしながき(おもて):             おしながき(うら):
ざくろ1ざくろ2
さてその「中華そば」、麺量が180gのうえに、味玉も付いて700円は非常にお徳!!



和風魚介中華そば(味玉付)¥700
ざくろ3
やがて届いた1杯は見慣れたビジュアルですが、味玉が載るとやはり豪華に映りますね~。



  スープ:
  ざくろ5
魚介出汁100%を謳うスープは上品に風味を奏で、合わせられるカエシはキレよりはコクとマイルドさに傾注
したと思われる仕様で、間口も広めに感じられます。



麺:
ざくろ8ざくろ7
ザクプチな食感が素晴らしい細ストレート麺は、「煮干soba」と共通でしょうか?




  チャーシュー:
  ざくろ6
バラ肉を巻いたチャーシューは、バーナーで軽く炙りが入れられるひと手間。
トロホロで美味であるばかりか、厚手で食べ応えがあるところが嬉し(・∀・)イィ




  味玉:
  ざくろ9
トロ~リと黄身が流れ出す仕様の味玉は、素材の旨味を活かした控えめな味付け。


火・水・木に提供される「煮干soba」も丁寧な仕事ぶりが窺える1杯ではありますが、コチラも滋味溢れる
「ラヲタが作る渾身のイッパイ」といったところでしょうか。。。(笑)

なかなか甲乙つけ難いですよ~


ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

category:  麺屋 ざくろ

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。