Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

らーめん専門 うしおととり 1 

らーめん専門 うしおととり


奥久慈をあとにしてひとまず帰路に就くラヲタ一行w
途中、「副快調さん」「黄色いたくあんを愛する方」とお別れし再び群馬方面へ。。。

そして、

「まだだ! まだ終わらんよ!」ってなかんじでwww

旅の締めくくりは、先頃「ラーショを愛する会」会長付を任命された方の情報により知ったコチラw
無事店舗に到着してみたものの、あいにく未だ夜の部始業前...orz
ところが、嬉しいことに店主様のご厚意によりすこし早めに入店させていただきました。

             
珍しいネーミングの店名は、コチラに由来しているとか。。。


入店前からオサレだけど。。。
DSCN0204_convert_20120118213157.jpg DSCN0203_convert_20120118213120.jpg

入ってもオサレな店内でしたw

豊富なメニウは選択を迷わせるに容易いことこのうえないのですが、この日お昼に伺った
というこの方がたいそうお気に召したということで。。。


  潮(しお) らーめん ¥700
  DSCN0195_convert_20120118212637.jpg
  真っ白な丼にみず菜と岩海苔の緑が映えて、お上品なビジュアルです。



  DSCN0198_convert_20120118212810.jpg
  


          スープ:
          DSCN0199_convert_20120118212858.jpg
店内に掲示された説明書きが謳うように鶏油が添加されたスープはコクのある飲み口。
魚介の後押しも感じられますが、魚粉がかなり幅を利かせておるようです。
また、食べ進むうちに岩海苔の風味がスープを浸食してまいりますので、個人的には通常の
板海苔を所望いたすところでございます。
ちなみに、麺の写真は撮り忘れております。
低加水寄りのそれはやや硬めな茹で上がり。モッチリというよりはパツンとした歯切れの良さが
特徴で、主張の強めなスープにも埋没することのない美味しい麺です。


          チャーシュウ:
          DSCN0200_convert_20120118212929.jpg
崩れんばかりにホロッとした食感に仕上げられたチャーシュウは、味付け控えめ。


          穂先めんま: 
          DSCN0201_convert_20120118213007.jpg
サクっと柔らかな食感の穂先めんまは素材本来のお味が楽しめます。


豊富なメニウの数々
DSCN0191_convert_20120118212403.jpg DSCN0192_convert_20120118212440.jpg DSCN0193_convert_20120118212510.jpg
 ※「つけ麺」類はしばらくの間、夜の部のみの提供となるようですw

次回は何にしようかな。。。?


今後に期待したい新店の登場です。


ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category:  らーめん専門 うしおととり

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/212-a51cf156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。