Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

らぁめん 廣 5 

らぁめん廣 スタッフblog


仕事帰りにお邪魔してみましたw

  DSC_0003_convert_20120922212128.jpg
夜の部開始間もない時間帯ですが、赤い看板や暖簾がライトアップされていないのはご近所への配慮?
あるいはエコ? はたまた、虫対策?

残念ながら、真相は定かではありません。。。



それでも、煌々と明かりの灯る店内と・・・  
  DSC_0001_convert_20120922212027.jpg
  コチラが確認出来れば、案ずるには及ばずでございます。


若きパダワンのblogによりますと、またもや新たなメニウが加わったようですw
  DSC_0002_convert_20120922212050.jpg




トンコツの、
  DSC_0005_convert_20120922212255.jpg
濃い〜のも非常に捨て難いですが。。。



  とり白湯のとりシオラーメン(シソ/ネギ入り) ¥800、
  味つけ玉子 ¥20

  DSC_0006_convert_20120922212350.jpg



スープ:                    麺:
DSC_0007_convert_20120922212513.jpgDSC_0010_convert_20120922212632.jpg
「とり白湯」と銘打つあたりにアチラの『改』を連想いたしますが、粘土 粘度はいたって軽めなサラリン系w
とはいえ、鶏の旨味を余すところなく引き出されているあたりはやはり “ポンイチ・クオリティ”
わかり易く申せば、『ラーメン日本一』時代の【鶏ベース】にイメージが近いと言ったところでしょうか。
なお、麺はいつものモッチリ・プリッとな中太麺を使用であります。


チャーシュー:                 めんま:
DSC_0009_convert_20120922212553.jpgDSC_0012_convert_20120922212727.jpg
肩ロースを使用のチャーシューは、良質な肉質に程よい味入れがウンマイ一品w
いっぽうでは、かつてのバラチャの復活もキボンヌだったりもしますがwww  ^^:



ワカメ:                    味つけ玉子:
DSC_0013_convert_20120922212847.jpgDSC_0015_convert_20120922212916.jpg
他に具材として、トッピングされたネギは軽く胡麻油と和えられおります。 
また、大葉は独特の風味がアクセントとなり得ると同時に好みも分かれそうなところでありましょうか。。。



  謎の沈殿物:
  DSC_0016_convert_20120922212943.jpg
  鶏由来のものだと思いますw


ところで、コレも『濃いスープ』って出来るんですかね??

誰か聞いてみてwww


ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category:  らぁめん 廣(旧ラーメン日本一)

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

コメント

そんな予感がしたんだ・・・orz

こんちゃん #5iKdJIi. | URL | 2012/09/23 10:15 - edit

こんちゃん

 コメントありがとうございます。

 まぁ、お察しの通りではございますが。。。e-330

 どうせやるなら突抜けちゃってもらいたかったところですw

 これはこれでふつうに美味かったでしwww

16TRS #- | URL | 2012/09/27 21:06 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/317-f7db4270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。