Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

俺らラーメン ちょもらんま1 

俺らラーメン ちょもらんま店舗blog


所用で松本市までやってまいりました。
当初の予定を済ませ、先ずは松本市に訪れた際には是非とも伺ってみたかったコチラへw

ちょもらんま10
週末ともあり相当な混雑も予想されましたが、駐車場は数台分の空きがあってスムース・インww ^^
広めな店内はソリッドでモノトーン調がデートにはもってこいの雰囲気w
カウンター、テーブル席に加え小上がりも備え、欲張れば更に座席数も確保できそうなものですが
敢えてそうせず、落ち着いて食事が出来るようにしてあるところに店主様の気遣いが窺えます。



          おしながき:
          ちょもらんま9
事前に「魚介しょうゆ」と決めてはおりましたが、“鯵” “鰯” “鯖” と3種類のうちどれにしようか直前まで
悩んだ末。。。




  魚介しょうゆラーメン(鰯/背脂有り) ¥700
  ちょもらんま3
先客様分の2ロット分を経て待つことしばし、可愛らしい女性店員さん(しかも、き○・・・^^)の手により
届けられたそれは、なかなかの面構えw



  スープ:
  ちょもらんま4
丼一面に背脂が敷き詰められてはいるものの、漂う香りはまさしく鰯のそれ。
豚と鶏のミクスチャーを下支えにしているようですが、主役はあくまで“鰯”でございます。
いっぽう、背脂はふんわりとした癖も感じられない良質なものですので、芳醇な鰯の風味を損なうことも
ありません。



  麺:
  ちょもらんま7
麺は加水率の高めな中細で縮れたものを使用。
硬めに茹でられた麺の食感は非常に歯切れもよく、スープとの絡みも上々。
個人的には久しく出会わさなかったタイプの麺だけに感動すら覚えたのであります。



  チャーシュー:
  ちょもらんま6
大判のチャーシューはバラ肉を巻いて、外周に炙りのひと手間が加えられたもの。
箸で掴んで持ち上げるには困難なくらいにホロホロな仕上がり具合ですが、素材の旨味を活かすが如く
薄めな味付けもまた秀逸といえる出来栄えでございます。



めんま:                ネギ:
ちょもらんま5ちょもらんま8
枕木状の極太めんまは繊維質が感じられる食感が心地(・∀・)イィ
白髪状に刻まれた葱は、白身と青身のミックスで丼の彩りとしても貢献しております。



  卓上:
  ちょもらんま1
写真は撮りそびれてしまいましたが、お冷の入ったステン製のグラスもオサレwww




          ちょもらんま2

正直、いただくまでは“魚介”と“背脂”がどう共存するのか不安だったのも確かですが、
ひと口啜ってみたらそんな杞憂は一掃され、アプローチこそ違えどコチラを想起させる風味豊かで
上品な味わいでした。

というわけで、再訪確定ですwww

ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category: ◆長野県

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 4 TB: 0   

コメント

いいね

麻生泰 名医 #SFo5/nok | URL | 2012/12/18 19:14 - edit

きれい コワイ きれい

本日訪問したオサレ店は、何とも中途半端で再訪は…。

ランディ #dxh2Uhv6 | URL | 2012/12/18 21:52 - edit

麻生泰 名医さん


 コメントありがとうございます。

 またお越しくださいませwww

16TRS #- | URL | 2012/12/20 10:08 - edit

ランディさん


 コメントありがとうございます。

 アソコって、新店だけどすでに数件記事挙がってたのね。。。しらなんだw

 それより、「まえだ まえだ」みたいなお店が登録されてるのが気になるわけだがwww(苦笑)

16TRS #- | URL | 2012/12/20 10:18 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/355-d274cbea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。