Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

麺肴 ひづき 1 

麺肴 ひづきOfficial blog



前店をあとにして、ストマック・キャパシティにまだ余裕がありましたのでもう一軒(笑)

ひづき1
コチラも松本市を訪れた際には伺っておきたかったお店のひとつです。
城下町の風情漂う街並みに面した店舗の斜向かいには、歴史的建築物名門商家光屋も隣接するなど
ちょっとした観光スポットにもなっているようでございます。

なお、店内はやや細長く奥行きのある造りで座席もゆったりと設えられて落ち着きのある雰囲気は
コチラもデートにはうってつけwww



          おしながき:
          ひづき2
なお、店内にも写真付きで解りやすいメニウがご用意されておりますww (写真は撮り忘れました。。。ペコリ)




  白醤油らーめん ¥730
  ひづき3
お待ちかねの1杯は待つこと7、8分を要しての提供でございます。



  スープ:
  ひづき4
木製のレンゲでスープの色合いが解かり辛いですが、白濁したスープは鶏がメインでしょうか。
白湯をイメージさせる面持ちですが、意外にライトな動物系に鰹と鯖と思しき節が合わせられたダブルスープ。 



  麺:
  ひづき8
中細ストレート麺の加水は中庸寄りでしょうか。
茹で加減もまた硬からず、柔からずといったところでややもすると主張に欠く印象。。。
さらには、麺量は200g近くはあると思われ、終盤は少々飽きが・・・m(_ _)mスマソw
よくよくメニウを確認してみますと、「麺少なめ 50円引き」も可能なようですので、少食な方などには
有り難い配慮かと。。。^^;



チャーシュー1号:               チャーシュー2号:
ひづき5ひづき6
チャーシューは2種類が奢られ、1号はモモ肉と思しきミシッと高密度な食感。
片や、2号はロース肉を使用しているものと思われ、肉質感を残した旨味と食感が大変美味しゅうございます



  めんまとか
  ひづき7
極太なめんまは薄めな味付けで素材の旨味と食感が活かされウマしw
なお、海苔は終盤まで放置しておいたらスープに馴染んで岩海苔のように崩れる仕様なのはチト珍しい鴨ww



  卓上:
  ひづき9

動物系が控えめであるがゆえ、節粉由来と思しき酸味が気になり少々好みとは外れてしまったのが残念w

チョイスとしては、「コクにごり」あたりがベターだったかも知れないですね~。

ごちそうさまでした。





 以下余談w

 所用で訪れたまつもと市民芸術館を出ようとしたところ。。。

 先日57才の若さで亡くなった中村勘三郎さんの功績を称えた展示と記帳台および献花台が設けられて
 おりました。
 歌舞伎など日本の古典芸能にはほとんど馴染みのないワタクシではありますが、こういう機会もめったに
 巡っては来ないと思われましたので、僭越ながら記帳と献花をして参りました。
 

    まつもと市民芸術館

 ちなみに、勘三郎さんは松本市における活動が高く評価され、名誉市民となることが決まったそうです。


 あらためて、心よりご冥福をお祈りいたします。

  合掌

スポンサーサイト

category: ◆長野県

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/356-1250eb07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。