Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ふうふう亭 1 

ふうふう亭


前店をあとにして、一行は白河市街地方面へ…。
食後の休憩と今後の作戦会議を兼ねて、街道沿いのファミレスにピット・インwww

食後のデザートやらお茶を楽しみながら様々な話題で会話に花を咲かせつつ検討を重ねた結果、
帰路の方角へと車を向かわせることに。三3

ふうふう亭1
リゾート地としても有名な地域に佇む店舗の外観は非常にオサレwww
土日は通し営業というスタイルもあってか、お食事時としては相当中途半端な時間帯(確か16時ころ)にも拘らず
ご家族連れを中心に8割近い入りと人気の程が窺えます。

すげぇ~




             おしながき:
             ふうふう亭4
ふうふう亭2ふうふう亭3
拝見したところ、上位に『味噌』を掲げているところからも、オススメはやはり『味噌』でしょうか?
しかもバリーションも豊富で選定に悩みます・・・。
なお、画像にはありませんんがご飯ものや一品ものとのセットも様々用意され、ご家族連れに人気なのも
頷けますね。



たんたん麺 ¥780(ハーフ:-30円)
ふうふう亭6
やがて大きめな丼に乗ってやって来た1杯。ところが他の方のものと比べると「普通盛り」はさらに大きい丼でした。

 

スープ:
ふうふう亭7
薄らととろみを帯びたスープは『芝麻醤』由来と思しきコクと風味が豊か。
ピリ辛は山椒がメインかと思われますが、効き目は穏やかなのでどなたにもいただきやすい
仕様になっているかと。。。後述する卓上の山椒もございますのでお好みでドゾwww



麺:
ふうふう亭11
手揉みが施された中太麺は、よくよく見ると小麦の外皮のようなものが練りこまれているのがわかります。
ツルモチな食感は手打ち麺にも似てウンマイィwww
あっという間に平らげてしまったので、3杯目とはいえ『女子盛』にしておけば良かったかとやや後悔。。。



チャーシュー:
ふうふう亭8
※ピンボケ スマソwww
大振りかつ厚手なチャーシューは、炙りも施された手間の入りよう。
柔らかな肉質で良品であることがわかる美味しさです。



挽肉:
ふうふう亭14
恐らくはスープと共に炒め煮されたであろう挽肉とネギが丼底から掬っても掬っても出てくるわ出てくるわ…。
思いの外のボリューミーさは、好CPにもおおいに貢献しております。^^



白髪ネギ:
ふうふう亭12
辛味・風味ともにおだやかなのは、下ごしらえの丁寧さによるものでしょうか…?



めんま:
ふうふう亭9
めんまも極太で贅沢な感じ。。。



ほうれん草:
ふうふう亭10
色鮮やかな緑が丼に花を添えますね。



          山椒:
          ふうふう亭13
     終盤は、コイツを振りかけていただくとピリリと引き締まって更に箸が進みますwww




          ふうふう亭5
箸袋はこれ以外にもいくつかパターンがあるようで、同行された御仁はしっかりカメラに収めていたようです。




今回、2日間にわたりお付き合いいただきました皆様には大変お世話になりました。

是非ともお会いしたかった方、おそらくは単独では伺えなかったであろうお店など、

収穫の多い時間を過ごすことができました。

この場を借りて御礼申上げます。  ありがとうございました。

また機会がありましたら、ご一緒願いますwww

スポンサーサイト

category: ◆栃木県

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

コメント

あの時間の入り・・・
平日昼食専門の私としても、驚きでした。
また今度~
道間違えますが、距離は問題にしませんよw
運転役ならお任せあれ~

は #- | URL | 2013/02/01 22:10 - edit

“は”さん


 コメントありがとうございます。
 3件目もなかなか地元にはないタイプだったので
 よかったです♪
 またどこかでご一緒してくださいましwww

16TRS #- | URL | 2013/02/06 10:58 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/377-982d3646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。