Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

特級鶏蕎麦 龍介 1 

特級鶏蕎麦 龍介



前店を出ますと、時刻はちょうどティー・タイムといった頃合い

このあとの作戦会議も兼ねて甘いものをいただきながら、しばし休憩をば…

行きたいお店は数あれど、月曜定休のお店が多かったり材料切れで夜の部の営業がお休みだったりと

お店選びもなかなか大変です。  最終的に帰路からはやや遠回りになりますが、せっかくここまで来た

という訳で土浦方面を攻めることにいたしました。 

龍介1
水戸市からR6を南下することしばし、土浦市に入ってからはR354を経由してそのお店はありました。

そこはラーメン屋さん以外にも飲食店が軒を連ねるテナントの一角、裏手にあった広い共同駐車場に車を

停めて店舗に回り込みます。

おぉ、高級感のあるオサレな店構え。。。俄然期待度も上がりますね〜♪



        龍介2
情報によればコチラは『つけめん・らーめん活龍』さんプロデュースのお店だそうです。

未訪ですので近々伺わないといけませんね。^^;

早速店内にお邪魔いたしますと、夕食時としては少々早めな時間帯ながら5、6名の中待ちが発生しております。

店内奥にある券売機で食券を購入して列に続きました。



        券売機:
        龍介3
メニウは「つけそば」と「鶏そば」の2本立てに各種トッピング等の潔いラインナップ。

店内待ちでは漂う「ぎょうざ」を焼く香りが否が応でも食欲を掻き立てますよ〜♪

なお、店内は厨房を受け持つ男性お二人にフロアーを行き来する女性の3名態勢。

どなたもお客に目が行き届いて細やかな気配りが非常に好印象に映ります。

座席はカウンター席のみですが、回転もまずまずでほどなくして席にご案内いただきました。



純鶏そば ¥700
   龍介5
   手作り風の丼がコチラの1杯を想起させますwww

   盛り付けも非常に上品ですね♪



    スープ:
    龍介6
トロ〜リと粘度の高いスープは雑味の無い鶏の凝縮した旨味が満載。

然程鶏油に頼った感もなく甘みはごく控えめな鶏白湯は鶏の濃厚さを見せつつも後味はわりとすっきりとして

非常に上品な味わい。  柚子皮も効果的に機能して邪魔に感じることもありませんでした。

近頃は好んで鶏白湯をいただくこともなくなったのですが、これはかなり好きなタイプですね。



麺:
龍介10龍介9
麺は中細のほぼストレート。

加水は低〜中程度といったところで、プリッとした啜り心地とパツッとした歯切れの良さはスープとの相性

もバッチリwww  



    チャーシュー:
    龍介7
「低温調理」で仕上げられた鶏チャーシューには外周にB.Pがまぶされ、風味にアクセントが加えら

れております。

しっとりとした食感はこの製法ならではなのは今さら申すまでもなく、癖のない上質なお味が2枚も楽しめるの

は有り難いかぎり。



    めんま:
    龍介8
極太の枕木状のめんまは味付けに「もろみ」の風味が感じられるのが特徴的。

単なる箸休めに終わらせていない拘りぶりには感心いたします。



    卓上:
    龍介4


この日の3杯目であったわけですが、非常に美味しくいただけました。

これまで「また食べたい」と思える鶏白湯になかなか出会えませんでしたが、この1杯はそんな気にさせる

会心の一打となりました♪  


ごちそうさまでした。



 


          実はコチラに伺う約20分ほど前のこと…

  


          龍介11

         

         G.Wは絶好調だったわけだがwww  

                                        byぶるー

 
スポンサーサイト

category: ◆茨城県

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/422-64a8bdd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。