Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

らーめん専門 うしおととり 7 

らーめん専門 うしおととりtwitter



およそ4ヶ月ぶりの訪問でございます。

いつもは日曜日に【限定】が提供されることが多かったのですが、twitterによれば有り難いことに月曜日にも

提供可能な旨が示唆されておりましたので、昼休みを利用して伺ってみました。
うしおととり10

なにやら、今回の【限定】は鶏塩らーめん”がフルモデルチェンジされるとのことですので

俄然期待度も上がります。




              おっ! あるある♪

              うしおととり1

            よって当然の如くオーダーしたのであります・・・。




【限定】鶏塩らーめん ¥680
  うしおととり2
やがて、ご主人自ら配膳くださった1杯は、

リニューアルにともない装いにも変化が見られますね。。。前回のは食べてないけどwww(笑)



  スープ:
  うしおととり3
薄らと白濁したスープはじんわりとした鶏の旨味が先行し、円やかな喉越しは豚や野菜によるものでしょうか。

魚介は然程主張が感じられませんでしたが、甲殻類のような風味もあったような気もします。。。

違っていたらゴメンナサイ m(_ _"m)

兎にも角にも、デフォとはやや趣きは異なりますがコチラらしい繊細かつ上品に仕上がったスープであります。



麺:
うしおととり7うしおととり6
ストレート細麺はデフォのものよりも更に細めなものが使用されているようです。

加水率も従来のものよりも低めに設定されているものと思われ、スープとの相性も良好です。



  チャーシュー:
  うしおととり4
ロース肉に軽い炙りが入ったチャーシューはいつもと一緒。

相変わらず、ホロヤワで美味しゅうございます。



めんま:             鶏挽肉とか:
うしおととり8うしおととり5
めんまは繊細なスープのお邪魔にならないくらいに控えめな味入れ。

癖のないお味の鶏挽肉はチャーシューとはまた違った食感が楽しめます。
   
他には、青ネギ、焦がしネギ、白髪ネギ、糸状のパプリカなどが丼を彩ります。



            そして、こうなるのは・・・、    

            うしおととり9

                 あたりまえ体操~♪


            というか、当然の成り行きですかね。^^



「潮らーめん」ほどのインパクトはないものの、界隈では希少な「鶏清湯」がいただけた

のは有り難い限り。

なお、情報によれば秋に向けて新たな画策も練られているご様子ですのでこれからも目が離せないお店で

あることは間違いないですね。



ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category:  らーめん専門 うしおととり

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/425-d4166f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。