Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

らーめん はるか 86 1 

らーめん はるか 86店舗H.P



コチラはオープンして数ヶ月後くらいにお邪魔して以来、実に約3年ぶりの訪問となります。

はるか86①
近頃はすっかり人気店の地位も確立して、店外待ちも予想しましたがこの日は運よく並びはなし。

それでも、退店する頃には数人の並びが形成されておりました。

いっぽう店内は厨房に構える店主様と思しき方と助手の方に洗い場とフロアーを受け持つ女性陣の計7名態勢。



        おしながき:
        はるか86⑫
相変わらずのシンプルなメニウ構成。 「大盛り無料」なのは非常に良心的でございます。

でもって、オーダーは予てより気になっていたコチラ・・・、



つけめん ¥750
  はるか86③
ピン子・インスパイアーであることを連想させるビジュアルはコチラをも想起させます♪



麺:
はるか86⑤はるか86⑦
中太クラスの平打ち麺は比較的均等に切り揃えられております。

まずはつけダレには浸けずにそのままいただきますと、滑らかな麺肌に象徴されるように啜り心地も良好。

噛めば結構な弾力が感じられ、「濃厚系」の類いのスープにも十分耐えうる存在感の高さを呈します。

ちなみに、麺量は普通盛りで200g以上はあったでしょうか。



つけダレ:
はるか86④はるか86⑥
斜切りされたネギが浮いた器から附属のレンゲでひと啜りしますと、キリリとカエシが先行した味わい。

細かい粒子状の物体も確認でき、魚粉が投入されていることが窺えますが旨味の貢献度はあまり感じられず

ほのかな酸味が「らーめん」とはやや趣きを異にしている模様。  とはいえ、なにぶんカエシの主張度が

つけダレ全体を支配している所為か後半はかなり飽きが・・・。  m(_ _"m)



    チャーシュー:             
    はるか86⑨
「らーめん」とは仕様の異なるバラ・スライスのチャーシューが入っているとはこれまた意外!!

薄手でもって柔らかな仕上がりがつけダレに旨味やコクをもたらす狙いにも思えましたが、如何せん

この濃いめなセッティングには焼け石に水。。。



    めんま:
    はるか86⑧
穂先めんまは大きめなものが2本。

素材ならでは柔らかな食感はもちろん、ほのかな醗酵臭もアクセント的。



        卓上:
        はるか86⑩



        お土産チャーシュー:
        はるか86⑪


想像以上に麺が存在感を発揮していたのは大きな収穫ではありましたが、つけダレの塩梅が出汁感を

スポイルした結果となってしまったのは非常に残念。

個人的にはあの大判チャーシューがコチラの売りだと勝手に思っていたところにバラ・スライスなのも

ちょっと解せなったりなんかして・・・。m(_ _"m)ペコリw

てことで・・・、アチラ二馬力的「清湯系つけめん」№1の座はしばらく揺らぐことはなさそうです。


ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category:  らーめん はるか 86

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/427-395d9e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。