Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

らーめん ◯汁屋 8 

らーめん ◯汁屋



こちらは2か月前にお邪魔したばっかりですが、某SNSのコミュニティに“新製品登場”の告知がされて

おりましたのでさっそく伺ってみることに♪
◯汁や1
なんでも、既存のメニウとは別途仕込みとなるため1日あたり10杯程度しか提供できないそうですので

当然のことながら万全を期してシャッター狙いでございます。^^

一番乗りで店舗に到着いたしますと、開店前の待ちこそ3名だけでしたが定刻を皮切りに続々と後客も詰めかけて

退店するころには、店内待ちも発生するといった有様です。



卓上:                     おしながき:
◯汁屋4◯汁屋3





赤城鶏Wらーめん ¥750
  ◯汁屋5
ビジュアル的にはいつもと然程大差はありませんが、スープは見るからに濃厚そうですよ~



  スープ:
  ◯汁屋7
いわば『○汁流 鶏白湯』とも呼ぶべきスープはこれ見よがし的な粘度は伴わず、サラッとした口当たりながらも

旨味とコクに富んだ味わい。節の合わせ方もコチラらしさが健在でスッキリとした後味の良さに一役買っている

ようですね。 よくある『鶏白湯』とは明らかに一線を画したマイルドな出汁感は、初期の頃に提供されていた

豚骨スープを思い起こさせてくれます。




麺:
◯汁屋10◯汁屋9
2013ver.の麺は前回と同様。

プツッと歯切れの良い食感もやはり初期の頃の麺を彷彿とさせ、いわずもがなのスープとの相性を見せます。



  チャーシュー:
  ◯汁屋8
肩ロースのチャーシューは浅目な煮加減でしっとりとした食感。 

同時に良質な素材を使用していることも窺い知れます。




  めんま:
  ◯汁屋11
コリコリとした食感が心地よいめんまは恰好の箸休め的存在w




  ピーマン:
  ◯汁屋12
タンメン等ではしばしば材料として使用されるピーマンですがトッピングとして用いられるのは非常に

珍しいのではないでしょうか。 

軽めに素茹でされたそれはほのかな苦みが濃厚なスープの味わいを時折リセットさせてくれる役割を担い、

ヘルシーさも追求したたいへん機能的なもの。

他には、海苔、細切りの葱、柚子皮などが奢られております。



         ◯汁屋14
    健康にも配慮した素材選びからなる滋養に富んだスープは、完飲しても心配ないそうですよ♪


       
         営業案内:
         ◯汁屋2
   6月から夜の部の営業時間が20時30分までと変更になりましたので、皆様ご留意をwww



今年の11月にははや5周年を迎えるコチラですが、ご主人の飽くなき探求心はいつも我々に驚きと感動を

与えてくれます。 今回の1杯もまさに初めていただいたときの感動を呼び覚ましたような気がいたしました。

今後レギュラー・メニューとして定着するのかは未確認ですが、近いうちに「つけ麺」もいただいてみたいと

思います。


ごちそうさまでした。

  
スポンサーサイト

category:  らーめん ◯汁屋

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

コメント

こんばんは。

新たな限定メニューでしょうか?
うんまげですね。

近々、伺う事にします。

あきっち #hxMvhH3I | URL | 2013/06/05 22:55 - edit

あきっちさん


コメントありがとうございます。

【限定】とは明記していませんでしたが、レギュラー・メニューなのかも未確認なので定かではありません。スマソw

仕込みの都合で10杯分くらいしか出せないそうなので、訪問はお早目の方がよろしいかと。。。^^

16TRS #- | URL | 2013/06/06 09:22 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/436-84df52ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。