Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

中華そば ひびき 1 

中華そば ひびき店舗H.P


ふと思い立ってぶらり遠征でございます。

下道をのんびりと南下すること約2時間、先ず最初にお邪魔したのはコチラ♪
ひびき1
通りからほんの少し入った場所に佇む店舗は飾り気のないアットホームな雰囲気。

カウンター席のみの店内はご夫婦と思しきお2人にて切り盛りされているようです。



      券売機:
      ひびき2
メニウは「中華そば」「ご飯もの」「トッピング」とごくシンプルなラインナップでございます。



中華そば ¥650
  ひびき4
噂通り、スケールに丼を載せてきっちり分量を量って作製にあたる姿を見て思うのは…、
やはり「細かい事が気になるО型」でいらっしゃるのでしょうか?www

などと、オペに見入っておりますと助手の方の盛り付けを経て間もなく到着です♪


  
  スープ:
  ひびき5
醤油色が澄んだスープからは、ふんわりと節が香ります。

ベースとなる鶏は穏やかな出汁感で後追い的に節がバランスよく追随するといった様相。

そこにほんのりと甘みのある醤油ダレが合わさり「和」の趣きを感じさせる仕上がりとなっております。



  麺:
  ひびき8
自家製を謳う中細ストレート麺には全粒粉も練り込まれております。

加水および茹で加減は中庸といったところで、啜り心地は非常に滑らか。

全粒粉配合ならではの風味の良さは「和」テイストなスープとの味わいも相俟って上品な蕎麦をいただいて

いる感覚すら覚えます。



  チャーシュー:
  ひびき6
バラ肉を巻いたチャーシューはトロホロに煮込まれ、箸で持ち上げるのも困難なほど。

見た目に違わず味入れもしっかり目でございます。



  めんまとか:
  ひびき7
コリコリとした歯応えが心地良いめんまは作りこみの丁寧さが窺えるもの。

粗微塵に刻まれた玉葱は水に晒したと思われ、辛味は感じられることもなく甘味がスープとマッチします。

他には、海苔2枚と青ネギ。



  ひびき9



卓上:                     インフォメーション:
ひびき3ひびき10

今のところ、昼のみの営業だそうです。



無化調スープゆえか、派手さがない分ややもすると物足りなさも感じられなくはないですが独特の風味が

素晴らしい自家製麺といい、ご主人の実直ぶりが窺い知れる美味しい1杯でした。


ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category: ◆23区以外のお店

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/437-4fc5dec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。