Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

町田汁場 しおらーめん 進化 1 

町田汁場 しおらーめん 進化
店舗H.PFacebookTwitter



さて、前店をあとにして次なる目的地であるコチラに向かいましたところ、予想していた通り

10人は超えているであろう外待ちの列。。。

待てない人数ではありませんでしたが、そうそうに諦めて3件目に伺う予定だったお店に向かうことに。

ところが、あと数キロで到着というところで近くにBMしていたお店があったことを思い出し進路変更です。^^
進化1
コチラも人気店ですので、相当な混雑を予想したのですがタイミングが良かったのか店内待ちは3名のみ。

それでもカウンターに案内され配膳を待つ頃には、中待ちの椅子も埋まり後続も後を絶たずといった

盛況ぶりです。

なお、店内は厳つい体格の良いご主人に女性店員さんの2人3脚による切り盛り。

黒を基調にしたBarを思わせる内装にヘヴィメタルが鳴り響くのが特徴的です。(笑)



進化2進化3
『煮干塩』にも非常に惹かれるものがございましたが。。。お初の1杯はやはり、



しおらーめん ¥700
  進化4
淡く黄金色に輝いたスープにチャーシュー、めんま、薬味ネギといったビジュアルは店名にも相応しい

端正な出で立ちでございます。



  スープ:
  進化5
無数のアブラ玉が物語るように天然鶏油が素材感を押し上げますが、食べ進むにしたがい素スープはいたって

穏やかな鶏出汁と魚介でバランス良く整えられたスープであることがわかります。

数種類の塩をブレンドしたとされる塩ダレに尖りこそ感じられませんが、やや濃度高めだったでしょうか。



  麺:
  進化7
中細ストレート麺はどちらかというと低~中程度寄りといった印象で、しなやかな啜り感とモッチリとした

食感を兼ね備えてスープとの相性は申し分ございません。 



  チャーシュー:
  進化6
ロースと思しき部位を使用したチャーシューは、しっかり目な歯ごたえのあるもので凝縮されたような旨味

はさながら燻製のハムを思わせるような食感と味わいで普段食べ慣れたロース肉のチャーシューとはまた

次元が異なり、シンプルな具の構成にあってはなかなか個性の光る逸品でございます。 



  めんま:
  進化8
サックリと軽快な食感と控えめな味付けのめんまは、あくまでスープの旨味を引き立てる仕様となっております。



一見、鶏が主張するようでも実は非常に繊細な仕上がり。

個人的にはやや強めな塩梅が気になったものの大変美味しくいただきました。

次回訪問する機会があるとしたら『煮干塩』かな?


ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

category: ◆23区以外のお店

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bladerunnerxp41.blog90.fc2.com/tb.php/438-3f7a8810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。