Admin New entry Up load All archives

Here We Go Again

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

博多中州屋台ラーメン 一竜  

博多中州屋台ラーメン 一竜



とある平日の夕暮れ間近、終業後にコチラに伺ってみたところ…まさかの【準備中】orz

看板は?森進一です♪

というわけで、その時点では18時開店とは知らず悲しみに打ちひしがれながら向かったのはコチラw
一竜1
この日めでたくオープンだったようです♪

生憎、午後からの雨模様で客足も鈍り気味かさほど混雑はしておりませんが、それでも後続もちらほら

見受けられ、まずまずの滑り出しではないでしょうか?



      おしながき:
      一竜3
既にお昼に召し上がられたこの方の記事によれば、8/1からグランド・メニューに切り替わるとのこと。。。



  一竜ラーメン(ばりかた)¥580
  一竜4
派手めな丼には、チャーシュー、きくらげ、ネギが配されたごくオーソドックスなスタイルといったところでしょうか。?www



  スープ:
  一竜5
見た目に違わぬサラッとしたスープからの豚骨風味は乏しく、レンゲに掬って啜ってみた味わいもまた然りw

多めに浮いた油玉がコッテリ感を演出してはいるものの、豚感を増幅させるものともいえずひたすら業・・・(ry




  麺:
  一竜6
細ストレート麺は所謂“博多麺”チックなものですが、極細とまではいかないような感じ。

「ばりかた」でお願いしましたが、体感的には「かた」程度かな。

それでも博多麺ならではのボソ・プツぶりは再現されておりましたので、これはこれで。。。^^



  チャーシューとか:
  一竜7
チャーシューはバラ肉を巻いたもの2枚。

大きさこそまずまずではありますが、非常にペラいので特別CPに貢献するものでもないようです。

なにより惜しいのはビースト・フレーバーとはまた異なる臭みがどうしても気になってしまうところでしょうか
。。。m(_ _″m)スマソw

他には、細切りのきくらげ、薬味ネギがトッピングされておりましたがこれといって特筆はございません。



  替玉(はりがね)¥100
  一竜8
最初の一杯を半分ほど食べ進んだところでお願いするのが「博多流」だそうですので、素直に従ってみましたwww(笑)



  粕玉伊豆(カスタマイズ):
  一竜9
卓上アイテムの辛子高菜と白胡麻を乗っけてフィニッシュです。。。



          卓上:
          一竜2



…総じて、ヲタ層を狙うならもちろんのこと間口を広めに設定しているにせよ本場を感じさせる素材感なり

が欲しかったところ。

なにはともあれ、開店おめでとうございます。 今後のご発展をお祈り致しております。


ごちそうさまでした。


category: ◆太田市

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 4 TB: 1   

『ラーショを愛する会』第二回総会 

『ラーショを愛する会』第二回総会

という名のもとに開催された飲み会イヴェントは、会員はもとより構成員の活動を影で支える(?)

「ラーショを愛する会を激励する会(別名=煽る会)」の大御所さんにくわえ、スペシャルなゲスト

も迎えてたいへん盛り上がりました♪


  月の雫2

この日は急遽お仕事が入って中途離脱を余儀なくされた方もおられましたが、メンバーは昨年を上回り

総勢で延べ20名におよんでいたと記憶しております。。。 (((( ;゚Д゚)))


  月の雫1

今回は料理の画像は無しでwww スマソ…。


  月の雫3


このたびご参加になられた皆さまにはこの場を借りて御礼申し上げます。m(_ _)m

お陰さまで非常に楽しいひと時を過ごすことができました。

また、副会長様に於かれましては事前の段取りに始まりあとあとのケアに至るまで持ち前のキメ細やかさを発揮

され、それはもう感謝に堪えませんwww


ありがとうございました。















category: ◆日記

thread: こんなお店行きました  -  janre: グルメ

CM: 16 TB: 0   

ラーメンショップ 茶屋新田店 1(閉店) 

ラーメンショップ 茶屋新田店



皆さん、こんにちは。

「ラーショを愛する会・群馬支部」の工作員ことボクです。

ラーショ茶屋1
実はコチラ、リニューアル前も含めて初訪でして…(汗)

この方記事を拝見し、なかなかの好評価だったことを思い出し追随いたした次第でございます。

入店したのは昼前で、先客2組様と週末にしては少々寂しい客入りかと思いきや正午を回り始めたころには

瞬く間に8割ほどと認知度も上々とお見受けいたします。



          卓上:
          ラーショ茶屋4
          黄色い椰子もきちんと配備されております♪



おしながき①:※ピンボケ・スマソw          おしながき②:
ラーショ茶屋2ラーショ茶屋5
価格設定は一般的なラーショ・レベルといったところでしょうか?www

また、ラインナップはラーショにしては珍しく『餃子』の他にアルコール類も各種取り揃えております。



          お知らせ:
          ラーショ茶屋6
          だそうです。。。



ネギラーメン(麺硬め)¥700
  ラーショ茶屋7
やがて到着した1杯は、リニューアルからの数カ月を経て見た目にも若干の進化が感じられるようであります。



  スープ:
  ラーショ茶屋8
微乳化したスープは背脂の浮いたライトな豚骨出汁ではありますが、然程物足りない印象もなく醤油ダレや

調味料のビシッと効いた非常にラーショらしいクドウマショパーなお味。

見た目のみならず、お味もまた月日の経過による成果が出ているようであります。



  麺:
  ラーショ茶屋10
麺箱こそ確認できませんでしたが、おそらく「○あ麺」とみて良いでしょう。

茹で加減「硬め」でお願いした食感はボソとネチが共存した及第点以上の出来栄えです。



  あえネギ:
  ラーショ茶屋9
補助の女性店員さんの手により作製された「あえネギ」は調味料・醤油ダレ・胡麻油等を刻みチャーシューと

ともに和えられ湯煎は施されていない模様。。。

幾分濃いめな味付けがネギ由来の辛味とシャッキリとした食感で引き締められます。 

ややチャーシューが少なめな気もいたしましたが、概ね物量的には十分といえそうです。



  マンメ:
  ラーショ茶屋11
ラーショのめんまを褒めることなんて滅多にないんですが、ここのはちょっとだけウマカッタwww

ふつうに「水煮」なんでしょうけど。。。^^;



          カウンター席は、
          ラーショ茶屋3
          だそうです。。。ご協力のほどをw




    ラーショ茶屋12



…リニューアル当初こそもうひとつの感があったようですが、今回いただいた限りではどうやら軌道に乗って

きたご様子。 滞在中はご常連さんと思しき方の来客もあったようですので、今後のさらなる伸びにも期待

したいところであります。


ごちそうさまでした。


(追記…2013.秋)

 残念ながら、閉店してしまわれたようです。。。

category: ◆茨城県

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

増味家 1 

増味家



個人的な事情から平日の昼に伺えなくなってすっかりハードルが高くなってしまったコチラ。

といっても、平日の昼も混みあうことが多くて十分ハードルが高かったんですけどね。。。^^;

というわけで、この日はちょうど終業後に体が空きましたので実に3年ぶりの訪問と相成りました♪
増味家1
“オブジェ”としても名高い券売機は今では硬貨投入口にもシールが貼られ、さらにグレードが上がっております(笑)



       卓上:
       増味家3


やがて待つこと数分、お盆一杯に器が並んでの登場でございます♪



つけめん・ミニカレーセット ¥580
増味家4
見た目ですでに、驚愕のCPと言わざるを得ませんがなwww



つけダレ:
増味家6増味家7
動物系の輪郭はおぼろげながら、程よい油分も手伝って屋台骨としての機能もしっかり果たし節由来の風味と

若干の酸味が『和』を感じさせ、ご主人の出自が色濃く反映されたチューニングとなっております。



  麺:
  増味家5
冷水による〆も奏功してか、強靭なコシと咀嚼感は先日いただいたコチラに比肩するほどの主張度の高さを誇ります。



  チャーシュー:
  増味家9
  ※つけダレにINされていたものをサルベージしての撮影でございます。  
ただでさえ、好CPを発揮しているというのに厚手のズッシリしたのが2枚とは嬉しいかぎり。

しかも、ロールとストレートの2種だなんて。。。(・∀・)(・∀・)



  ミニカレー:
  増味家8
「和出汁」がほんのりと顔を覗かせる、いわゆる『うどん/蕎麦屋さん』系のカレーです。

ミニとはいえ、ガッシリとした麺をいただいたあとなら物量としては十分でしょう。



       営業案内:
       増味家2



…偶々かもしれませんが、思っていたより動物系に厚み(たぶんヲニク効果)があったように感じました。

方向性は異なりますが、直近でいただいた中では『佐野ラーメン飛龍』に次ぐ出来栄えではないかと。。。

今まであまり逝けてなくてスミマセンwww  


ごちそうさまでした。

category: ◆太田市

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 6 TB: 0   

麺処 元気屋1 

麺処 元気屋 店舗H.Ptwitter



本日のテーマは【未訪のラーショ詣でw】でありましたので、前店をあとにしてコチラに向かおうと

しておりましたところ、話題の新店で美味しい1杯(2杯?)を召し上がられたという遠方よりお越しの方

が近くにいらっしゃるとのことでしたので、急遽予定を変更して駆けつけてみました♪
元気屋1
残念ながらその方とはどうやら入れ違いだったようで、念願のご対麺~とはなりませんでしたが無事に店内

へと潜入と相成りました。入口脇に製麺室を備えた店内はコの字型カウンターのみのコンパクトなつくり。

お若いご主人は同年代くらいの男性を従えて、忙しなくオペに当られております。
 


  卓上:
  元気屋2
コチラは食券制でしてコチラ流浪の迷店アチラではお馴染の番号入力タイプの券売機が導入されております。(笑)

麺茹での時間の都合上、1組様分をジャンプして届きましたのがこの1杯♪



鶏塩らーめん ¥680
  元気屋3
シンプルながらもチャーシューが2種類奢られたなかなか豪華そうな出で立ちで登場です♪



  スープ:※ピンボケ・スマソw
  元気矢4
透明感のある黄金色をしたスープは無化調と思えないほどの芳醇な鶏の旨味。

またコラーゲン層も豊富に抽出されているとみえて、喉越しに纏わりつくような余韻がございます。

ひょっとしたら出汁に貝類も含まれているのかも知れませんが、モロコシ馬鹿舌ゆえ断定はできません。スマソw



麺:
元気屋8元気屋7
自家製を謳う麺は、博多ラーメンばりの極細ストレート・タイプ。

低加水寄りの仕様のそれはしなやかさと歯切れの良さを持ち合わせた個性的なもの。

思いの外に麺量は一般的な普通盛りよりも多めに感じられたあたりはやはり「自家製麺」の成せるところと言えますでしょうか。^^



  チャ:①
  元気屋6
バラ肉を巻いたチャーシューは赤身と脂身のバランスも良く、柔らかさのなかにも肉々しい食感をも

兼ね備えた秀逸な出来栄えでございます。



  チャ:②
  元気屋5
「低温調理」が施された鶏ムネ肉は艶めかしい薄ピンク色が美しいwww

小振りながら3枚も搭載されて気前がいいじゃないですか。

しっとりとした食感はこの製法ならではであるのは、もはや周知の事実とするところ。

幾分味入れがしっかり目でしたので、もう少し控えめでも良かったかも知れません。m(_ _”m)再スマソw

なお、不覚にもいただいている最中はまったく気が付きませんでしたが『鶏塩らーめん』にはめんまが入らない

のですね。 具材は他に海苔、粗めに千切りされた葱、糸唐辛子、白胡麻といった布陣でした。



…特別奇をてらったところもない一杯ともいえますが、それだけに随所に丁寧な作りこみが窺える一杯に

感じられました。 偶々かもしれませんが、私以外の3組のお客様はいずれも「つけめん」を召し上がられて

おられましたのでそちらも大変気になりますね。


ごちそうさまでした。


  

category: ◆埼玉県(県南)

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。